#author("2021-09-19T22:35:12+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-10-07T18:29:45+09:00","default:pop hok","pop hok")
*人類史は人民大衆の自主性を実現するための闘いの歴史 [#defd2c54]
''社会科学院''の研究者、教授・博士の''キム・ヒョクモ''さんのお話です。

>「人類の発展の歴史は人民大衆の自主性を実現する為の闘いの歴史だといえます。歴史を遡ってみますと人民大衆は何よりも社会の従属から抜け出る為、血の滲むような努力を傾け闘って来ました。被搾取勤労大衆の最初の進出といえる奴隷暴動と中世の農民の反封建闘争によって奴隷制度や封建制度が崩壊したのは、社会の従属から抜け出て自主性を実現する為の勤労人民大衆の闘いの一環だといえます。

>しかしそれは勤労人民大衆を雁字搦めにする奴隷の鉄鎖を封建の鎖に、再び資本の軛に変えただけで搾取と抑圧、支配と従属そのものを無くせませんでした。勤労人民大衆の自主性の為の闘いはその後も絶え間無く続き、やがて人民大衆が目指し求める社会主義制度が樹立される事により社会の主人として生きようとの勤労人民大衆の志向と要求が実現しました。

>人民大衆は人類史の発展の全期間、社会の従属から脱する為闘っただけで無く自然の拘束から逃れ、思想的・文化的に発展する為絶え間無い努力を傾け闘って来ました。周知のように人類社会の黎明期には人間の想像力も弱く思想・文化の水準もきわめて低いものでした。長い歳月の厳しい闘いを通じて人民大衆は自然を征服する力を培い、知識を積み生産力を発展させて来ました。そればかりか人民大衆は自分の思想意識と文化の水準を絶え間無く高めて来ました。

>現在人類社会が到達した現代科学と技術、先進思想と文化、これは全て人民大衆が繰り広げて来た歴史的な闘いの実りだといえます。これら全ては人類史が自主性の為の人民大衆の闘いの歴史、言い換えって人民大衆が社会の従属と自然の拘束、そして古い思想文化の拘束から逃れて自然と社会と自分自身の主人になる為の闘いの歴史である事を物語っています」

(政策)

RIGHT:'''2021.09.18 サイト音声の聞き書き'''
#br
LEFT:''キム・ヒョクモ'':[[チュチェ思想が明らかにした社会の本質]]、[[思想意識の決定的な役割]]、[[政治・思想の強国に]]、[[人民大衆は歴史の主体]]、[[人間は自主的な存在]]、[[必勝不敗の政治思想の強国を建設した偉大な業績]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(政策 2021.09.18)
//(210918 サイト音声の聞き書き)
//シン・ヨンイル
//-[[人類史は人民大衆の自主性を実現するための歴史]]
//hoge
//211006_人類史は人民大衆の自主性を実現するための闘いの歴史

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS