#author("2020-05-21T18:30:03+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-09-22T19:11:50+09:00","default:pop hok","pop hok")
*人民の軍隊 [#nfd4cfe5]
軍隊は人民の利益と生命、財産を命がけで守り、人民は軍隊を同じ家族のように思うのは朝鮮の誇らしい伝統です。

チュチェ104(2015)年10月、敬愛する最高指導者金正恩委員長が''水害''を取り払ったラソン市((羅先市(라선시)))を訪れた時のことです。金正恩委員長は新築された住宅を見なければ安心できないようでこのように来たとし、本当に足取りも軽く訪ねてきたと言いました。

新築された住宅を見て金正恩委員長は、あとは新居入りが残っている、軍人たちが住民の新居入りを手伝うことなど、締めくくりをよくして引き上げなければならないと念を押しました。

この時、ラソン市の責任者が建設中に心に残っていた寂しい思いを話しました。昼夜兼行で復旧に励んでいる軍人たちに市民が色々な支援物資を持って来たが、なかなか手渡すことができなかったことと、軍人たちが「特別遮断ポスト」なるものを設置して支援物資を一切受け入れなかったとのことです。

人民が軍人建設者を手伝わなければ道理に適ったことでない、建設最中に支援物資を軍人たちの宿営地の周辺と建設現場など、軍人たちの生活エリアに密かに残して帰っても、支援物資はすぐそのまま戻ってきた、人民の軍隊が人民の気持ちを無視するのは、と不満を言うのでした。

その話を聞いた金正恩委員長は嬉しそうに終始、満面に笑みを浮かべていました。そして軍人たちは部隊へ帰る時も人民に世話をかけてはならない、帰る時、背嚢いっぱいにものが詰めてあるなら、人民の軍隊でないと指揮官に言いました。

人民への献身的な奉仕、正にここに人民軍が真の人民の軍隊、人民の支持を受ける秘訣があります。

(今日の朝鮮)

#ref(ike200305009_001.jpg,wrap,180x120)

RIGHT:'''2020年の記事'''
LEFT:[[ある少年の手紙]]、[[一番の富]]、[[絶対的基準]]、[[長編叙事詩が生まれたのは]]
LEFT:[[ある少年の手紙]]、[[一番の富]]、[[絶対的基準]]、[[長編叙事詩が生まれたのは]]、[[万福洞と命名されたのは]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//200425_人民の軍隊
//200426_人民の軍隊

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS