#author("2020-08-21T18:27:25+09:00","default:pop hok","pop hok")
*人民の父 [#uce1ed93]
この8月13日に行われた朝鮮労働党中央委員会第7期第16回政治局会議では、最前線地域で起きた非常事件のため実施したケソン市を始め前線地域の封鎖を専門の防疫機関の科学的な検証と保証によって解除することを決めました。

会議で敬愛する最高指導者金正恩委員長は、隔離状態で生活上の不便を乗り切り、党と政府の措置に一心で従った封鎖地域の住民と、暴雨と猛暑の中、地域封鎖の任務を責任を負って果たした人みなに党中央委員会の名で感謝しました。

ケソン市民の感激は言いようのないものでした。

7月24日、ケソン市が完全に封鎖されたその時から、市民の生活安定のために緊急措置をあいついで取った金正恩委員長でした。金正恩委員長は食糧と食用油、生活用品、燃料からマッチに至るまでこまごまと気を使い、個別的な家庭に配られる野菜の量まで推し量って、毎日のように色々な新鮮な野菜を送るようにしました。

8月5日、党中央委員会第7期第4回政務局会議では、封鎖地域の住民の生活安定のために、食糧と生活保障金を党中央委員会が特別支援することが決定されました。こうして労働党の温情こもる特別支援物資がケソン市民に届きました。

金正恩委員長は、夜も昼もケソン市民が気遣われる、私のこの素朴な誠意がケソン市民を励まし、力づけるのに足しになるなら一安心できそうだ、と言いました。そして、ケソン市民が感じる不便は労働党の苦しみで、ケソン市民を見守るのは母なる党の当然の本分だとし、悪性ウイルスの流行を防ぐために奮起したケソン市民といつも共にいるだろうと言いました。

ケソン市は決して封鎖地域ではありませんでした。金正恩委員長の心の中にはケソン市民がいました。母なる党の恩情がケソン市民を暖かく包み込んでいました。それでケソン市民は寂しさと言うのを知りませんでした。

このように人民の生命の安全をしっかり守るのを朝鮮労働党と共和国政府の最優先の重大事とみなして、恩情の限りを尽くした金正恩委員長ですが、高く評価されたのはケソン市民なのです。

ケソン市民は心の底から叫びました。

金正恩委員長は私たちの父です。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200814003_001.jpg,wrap,223x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200814003_002.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2020.08.20)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS