#author("2017-04-12T10:23:38+09:00","default:pop hok","pop hok")
*不滅の足跡は食品工場にも [#qe44a777]
''ピョンヤン穀物加工工場''は長い歴史を誇る朝鮮有数の食品工場です。朝鮮が日本の植民地支配から解放されたとき、工場は日帝によって残酷に破壊されていました。

チュチェ34(1945)年9月24日、偉大な金日成主席がこの工場を訪れました。その日のことを工場の''主任技師チェ・ミョンチョル''さんはこう語ります。
>「その日、金日成主席は工場の残酷な破壊状況に胸を痛めました。主席は、今、われわれにはまともな工場一つなく、それを建て直し、運営する技術者も、原料も足りない、だと言って、絶対気が引けてはならない、困難を乗り越えて前進すれば勝利する、工場の労働者が工場の主人の心構えで取りかかるなら自力で工場を稼動できると力づけました」

主席の言葉に工場の労働者は強く胸を打たれました。自分の手で、自分の力で工場を建設しよう!意気衝天して工場の復旧に立ち上がり、ありとあらゆる困難を乗り切り、破壊された設備を整備し、工場を発った技術者も連れてきました。

チュチェ34(1945)年11月、又もや、工場を訪れた主席は亜硫酸ガスの匂いがする現場まで訪ねて復旧の状況を詳しく調べました。そして、労働者の建国の熱意を高く評価し、一日も早く工場を復旧し、生産を始めようと励ましました。主席の現地指導に励まされた労働者の奮闘により、その年の12月3日、工場は操業を始めました。そして、連日、生産を増やしました。

ピョンヤン穀物加工工場の増産の成果は新しい国造りに奮起した人民を大いに励ましました。その後、工場は金日成主席と金正日総書記の導きの下、絶えず発展を遂げました。そして、今は、敬愛する最高指導者金正恩元帥の導きにより、大規模な食品工場に発展しました。

昨年、またもや工場を訪れた金正恩元帥は、先端技術が駆使された各工程を見て、ピョンヤン穀物加工工場は主体化の旗を高く掲げて進む工場、自力自強の創造大戦でモデルとなる工場だと高く評価しました。

ペクトゥ山((白頭山(백두산)))の不世出の偉人たちの導きの下に発展して来たピョンヤン穀物加工工場は、これからも社会主義強国建設で更なる成果を達成するでしょう。

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE170227019_001.jpg,wrap,206x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE170227019_002.jpg,wrap,164x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2017年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//170130_不滅の足跡は食品工場にも


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS