#author("2021-12-23T19:06:41+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-12-23T19:06:52+09:00","default:pop hok","pop hok")
*一曲の歌にまつわる話 [#m004bbae]
朝鮮の女性の愛唱歌の中に「''婦人の歌''」があります。抗日の女性英雄金正淑女史もこの歌がとても好きでした。

日本の植民地支配から朝鮮が解放された後、金正淑女史は偉大な金日成主席の意に則り、女性問題に格別関心を持ちました。常に質素なチマチョゴリ姿で女性の中にいて、新しい国づくりへと導いた金正淑女史でした。「婦人の歌」もその日々に生まれました。

チュチェ35(1946)年7月30日、''男女平等権の法令''が発表された後のある日のことです。女性活動家と席を共にした女史は、過去、蔑まれ、虐げられてきた女性が国の主人となった喜びを歌う歌をつくることについて教えました。そして翌年7月に歌が生まれると誰よりも喜びました。

後年、金日成主席は、「婦人の歌」は金正淑が大好きで、深い縁を結んでいた歌だ、彼女は一日中、工場と農村の女性を訪ね、夜に帰ってはこの歌を歌い、これから女性も男性と同じく新しい国づくりで一役買うことができると喜んだ、と感無量に思い起こしました。

北国の製鉄所にも、東海岸の魚村にも「婦人の歌」を歌いながら歩み続けた金正淑女史の足跡が印されています。

今も朝鮮の女性はこの歌を歌いながら男性と同じく英雄、愛国者、模範労働者として誇りのある人生を送っています。

(フィーチャー)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211112054_001.jpg,wrap,190x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211112054_002.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211112054_003.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2021.12.22の記事'''
LEFT:[[「婦人の歌」にまつわる話]]、[[歌「婦人の歌」]]&br;
''男女平等権法令'':[[「婦人の歌」にまつわる話]]、[[国の解放がもたらした幸せな人生]]、[[国の主人に押し立てて]]、[[国の花、幸せの花]]、[[女性の社会的権利]]、[[男女平等権法令]]、[[男女平等権法令の下で]]、[[朝鮮での女性の権利]]、[[朝鮮の女性の誇り]]、[[不世出の偉人たちと3月8日]]
''男女平等権法令'':[[国の解放がもたらした幸せな人生]]、[[国の主人に押し立てて]]、[[国の花、幸せの花]]、[[女性の社会的権利]]、[[男女平等権法令]]、[[男女平等権法令の下で]]、[[朝鮮での女性の権利]]、[[朝鮮の女性の誇り]]、[[不世出の偉人たちと3月8日]]
----
-2018.03.08 [[社会主義の大花園に響き渡る女性賛歌>>vok180308#rc061cdb]]
-2019.03.09 [[国際婦人デー109周年記念マンスデ芸術団の歌と踊りのアンサンブルが行われました>vok190309#of734c18]]
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(フィーチャー 2021.12.22)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS