#author("2019-08-11T13:03:03+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-01-26T18:33:09+09:00","default:pop hok","pop hok")
*リョ・オクと古代歌謡「コンフ引」 [#d52ec878]
''リョ・オク''は朝鮮初の奴隷制国家である''古朝鮮''時代の女流詩人で、音楽家です。古朝鮮はB.C.30世紀初めからB.C.108年まで存続しました。

''社会科学院''のチュチェ文学研究所の研究者''ハン・インヨン''さんのお話です。
>「『五山説林』など昔の記録によりますと、リョ・オクは''クァクリ・ザゴ''という船乗りの妻で、弦楽器の箜篌(くご)、コンフを上手に弾き、歌謡創作にも相当な才能を持っていました。ある日、リョ・オクは夫から年寄り夫婦が川に飛び込んで死んだという悲惨な話を聞きました。リョ・オクは心から同情して、悲しいその話を歌に託してコンフを弾きながら歌を歌いましたが、その歌が他ならぬ『コンフ引』です」

歌は古代の奴隷社会で最下層の人民に強いられる悲劇的な運命と共に、貧しく虐げられる人々の苦痛と不幸に対するリョ・オクの同情心と憤りを表しています。この歌は隣近所に知られ、次第に国中に広がり、後には周辺諸国にも知れ渡りました。

「コンフ引」は朝鮮で今に伝えられる唯一の古代歌謡で、階級国家形成以来の朝鮮の歌謡だけでなく、文学芸術全般の発展についてもある程度理解させる貴重な文化財です。

(観光)

#ref(ike190705029_001.jpg,wrap,176x120)

RIGHT:'''2019年の記事'''
LEFT:[[コンフ(朝鮮の楽器)>朝鮮の楽器#d988df8b]]、[[古代歌謡「コンフイン」]]
LEFT:[[コンフ(朝鮮の楽器)>朝鮮の楽器#d988df8b]]、[[リョ・オクと古代歌謡「箜篌引」]]、[[古代歌謡「コンフイン」]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(観光 2019.08.10)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS