#author("2017-04-15T20:47:11+09:00","default:pop hok","pop hok")
*龍亭里の移り変わり [#cb000d90]
今、共和国では軍隊と人民が力を合わせ、セポ((洗浦(세포)))という台地の開墾に励んでいます。その台地に''リョンジョン里''((龍亭里(룡정리)))という村があります。美しい村と野原を過ぎ、九十九折を通ってイチョン郡((伊川郡(이천군)))に入ると道端の標語が目を引きます。「誇ろう、住みよいイチョンを!」ここの人たちの熱い愛郷心、祖国愛がそのまま伝わってくる文字です。

リョンジョン里に着くと小高い山が見えました。村の全景を眺めようと山に登ると、牧草地が果てしなく広がっています。 その広さには驚くばかりです。見事に手入れされた大地、こうした牧草地がどこまでも続くと思うと胸がいっぱいになります。雑草が生い茂っていた不毛の地が打って変わりました。イチョンとピョンガン、セポを含むセポ台地は、わずか一年ですっかり変貌しました。

ふと、歌声が聞こえてきました。開墾に当たっている人たちの休みの時です。歌や踊りに興じているのは、開墾のためピョンヤンから来た人たちです。その人たちに色々と聞いて見ました。

膨大な牧草地の開墾をわずか一年で終えた秘訣は?荒れ狂う自然とどう立ち向かい、不毛の地をどう肥沃な土地に変えたのか?

答えは簡単でした。「甲斐ある仕事です」、「われわれ青年が当然やるべき仕事です」

金正恩時代にまた一つの奇跡をもたらしながら、自慢を知らない人たちです。その楽観的な姿が、開墾されたセポ台地の青い牧草地がすべてを物語っています。開拓者は吹雪の中に開墾の鍬入れをし、狂乱する自然と立ち向かって台地を六回も耕し、草や木の根、石を除去して牧草地を作りました。また、泥炭を探し出し、河川を整理して、土地を肥やしました。セポ台地の開墾は偉大な金日成主席と金正日総書記の遺訓です。

敬愛する金正恩元帥は主席と総書記の遺訓を実現しようと新たなチュチェ100年代の初の大自然改造事業にセポ台地の開墾を決め、軍隊と人民を呼び起こしました。空き地を残らず開墾し、畜産を大々的に行って国の繁栄の万年の土台を築くのが金正恩元帥の決心です。

地元の人たちにも会ってみました。トウモロコシの脱穀をしていた分組長の''キム・オクシル''さんはこう語ります。
>「昔、リョンジョン里は到底人間の住めるような所ではないと言われていました。風が強く、石だらけで、台地には雑草だけが生い茂っていました。そのリョンジョン里がトウモロコシの豊作をもたらし、これからの畜産の展望も大したものです。作業班が新設され、モダンな住宅が建てられ、学校と幼稚園、託児所、厚生施設も見事に作られています。ビニールハウスでは四季を問わず野菜が育ち、川には魚が群がり、実に景色もよく、住みよい所に変わりました」

モダンな住宅と畜産地、肉加工工場、各種サービス施設、羊やヤギ、乳牛の群…セポ台地の未来はとても見事なものです。一人の青年が農場員と話し合っています。ピョンヤンから来た人で、''ファン・ユンヘ''と自己紹介されました。新住宅のことで主人と相談しています。建設者みなが最高のレベルで住宅を建てようと頑張っています。ファンさんはこう語りました。
>「敬愛する金正恩元帥の大自然改造の構想を実現しようとセポ台地に来ましたが、初めはいろいろと心配しました。しかし、今は何も恐れるものはありません。われわれ青年が一度やってみるだけある仕事です。今、住宅の建設に取り掛かりましたが、それも問題ありません。必ず自然を改造し、セポ台地を人民の楽土に作ります」

この決心はすぐ実践されるでしょう。開拓者たちはそれをこの一年間の実践で証明しました。リョンジョン里で会った人たちの姿に人民の楽土を作る軍隊と人民の姿を見、日増しに躍動する国の息吹を感じました。

明日のリョンジョン里はさらに住みよい所に変わるでしょう。
//IKE131025001_12.jpg
//IKE131025001_22.jpg
//IKE131025001_32.jpg
//IKE131025001_42.jpg
//IKE131025001_52.jpg
//IKE131025001_62.jpg
//IKE131025001_72.jpg
//IKE131025001_82.jpg
//IKE131025001_92.jpg

RIGHT:'''2013年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS