#author("2024-02-08T22:33:51+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2024-02-08T22:35:54+09:00","default:pop hok","pop hok")
*文徳渡り鳥の保護区 [#c95a3f97]
''ムンドク渡り鳥の保護区''は、朝鮮西海岸のチョンチョン川((清川江(청천강)))下流一帯の数千ヘクタールに達する広い地域を包括しています。ムンドク((文徳(문덕)))はチュチェ84(1995)年、渡り鳥の保護区に指定されました。

この保護区一帯は、世界の流動性鳥類の移動コースに置かれていて、多数の渡り鳥の棲息地に、途中に泊まる場所となっています。それは地理的位置だけでなく、クリーンな環境と豊かな生物多様性によるものですが、ここには四季を通して多くの渡り鳥が飛んできます。

この地域は完全な湿地です。一般的に湿地は生物多様性が豊かなのが特徴です。しかし、社会経済が急速に発展するにつれ、湿地が大々的に開墾され、生物多様性も次第に減っています。それで世界的に湿地の生態系を保護するための活動が活発に行われています。

朝鮮ではムンドク渡り鳥の保護区一帯の生態環境をそのまま保存するため積極的な措置を取っています。このような国家的な措置によってこの一帯には干潟地が広がり、湿地と溝、水田と在来の塩田など多様な環境が保存されています。

そして、いろいろな無脊椎動物が保護・増殖され、豊富なえさが保障されています。広い葦原など様々な植物相がそのまま保存され、渡り鳥にはまたとない隠れ家を提供しています。

今、ここにはたくさんの渡り鳥が飛んできて巣を作っています。その中には世界的にほとんど絶滅状態のクロツラヘラサギもあり、珍しいタンチョウ、サカツラガン、ヘラシギ、トモエガモもあります。

ムンドク渡り鳥の保護区は、渡り鳥の園そのままです。

RIGHT:'''2015年の記事'''
#br
LEFT:''湿地保護、生態環境保護、渡り鳥保護'':[[シンド渡り鳥(湿地)保護区]]、[[ムンドク渡り鳥の保護区]]、[[ムンドク渡り鳥湿地保護区]]、[[亜高山地帯の湿地―サムジヨン]]、[[生物多様性の保護のために]]、[[生物多様性の保全のために]]、[[西海閘門の鳥類の生息地]]、[[西海閘門の冬鳥棲息地]]、[[朝鮮での湿地保護]]、[[朝鮮の主な湿地に見られる珍しい渡り鳥]]、[[天然記念物のムンドク鶴]]&br;
''6月5日「世界環境の日」'':[[焦点の中の生物多様性]]&br;
''5月22日「国際生物多様性の日」'':[[解決策は自然にある]]、[[生物多様性とその保護]]&br;
''2月2日「世界湿地の日」'':[[湿地と水]]
----
-2018.03.11 [[朝鮮で渡り鳥の保護区に対する管理が本格化>vok180311#i6f454d2]]
-2018.05.16 [[朝鮮で渡り鳥を極力保護>vok180516#c59530c6]]
-2018.05.17 [[朝鮮民主主義人民共和国で湿地の保護と効率的な利用に関する民族討論会>vok180517#a996c21c]]
-2018.05.24 [[全国自然保護部門科学技術発表会>vok180524#oab7d3cc]]
-2018.05.24 [[朝鮮のムンドク、ラソン渡り鳥保護区がラムサール条約の湿地目録に登録>vok180524#d4e0b777]]
-2018.05.25 [[朝鮮の西海岸沿いの一帯で絶滅危惧種のホウロクシギ2万羽を確認>vok180525#be443eb4]]
-2018.09.17 [[水鳥の調査>vok180917#ba4debfb]]
-2019.03.24 [[朝鮮で自然環境保護分野での国際的な交流と協力を強めています>vok190324#kd10acac]]
-2019.09.02 [[朝鮮のシン島渡り鳥保護区で希少種の繁殖地が新たに発見されました>vok190902#yba3ef09]]
-2019.09.14 [[朝鮮のムンドク渡り鳥保護区で絶滅危惧種の水鳥の群れが観察されました>vok190914#l8dec28b]]
-2019.10.14 [[世界渡り鳥の日の催しがありました>vok191014#b2177b34]]
-2019.10.30 [[全国自然保護部門科学技術発表会が行われました>vok191030#r780674f]]
-2020.03.02 [[朝鮮西海岸地域で新たな湿地保護地点を確定するための調査が深められる予定です>vok200302#ta8ac61c]]
-2020.04.16 [[各地で有用動物の保護に力が入れられています>vok200416#qfd0f24f]]
-2020.05.03 [[水鳥の資源量を評価し、主要湿地がラムサールの基準に一致することを確認しました>vok200503#a9c29dca]]
-2020.05.03 [[水鳥の資源量を評価し、主要湿地がラムサールの基準に一致することを確認しました>vok200503#a9c29dca]]
-2020.06.07 [[生物多様性の保護活動が活発に展開されています>vok200607#t976b615]]
-2020.06.13 [[鳥類の理想的な棲息地のムンドク渡り鳥保護区>vok200613#h70103e1]]
-2020.07.15 [[朝鮮で冬鳥と知られたツクシガモの初の繁殖が観察されました>vok200715#p851c1b2]]
-2020.08.10 [[多様なエコシステムを有するラソン地区>vok200810#g3dafc92]]
-2021.05.11 [[渡り鳥の保護に取り組んでいます>vok210511#q48a0677]]
-2021.05.17 [[クムヤの湿地が水鳥にもってこいの棲息地となっています>vok210517#gc9a6cb7]]
-2021.05.22 [[生物多様性の保護と増進に励んでいます>vok210522#ne6276ef]]
-2021.11.04 [[ムンドク渡り鳥(湿地)保護区で多くの危惧種が観察されました>vok211104#lb82155a]]
-2022.02.05 [[湿地の保護と持続可能な利用のための活動が活発に展開されています>vok220205#ma78adbf]]
-2023.02.12 [[朝鮮で湿地の保護と管理、利用に取り組んでいます>vok230212#qb558e56]]
-2023.06.03 [[主な渡り鳥保護区の調査が行われました>vok230603#r6eaaddb]]
-2024.02.07 [[湿地の保護と合理的な利用のための取り組みが進められています>vok240207#pe48a3ff]]
----
#include(vok_navi01,notitle)
//151025_ムンドク渡り鳥の保護区

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS