#author("2021-10-03T18:25:40+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-10-03T18:29:27+09:00","default:pop hok","pop hok")
*万景台の分かれ道 [#j48d98c0]
ピョンヤンの''マンギョンデ''((万景台(만경대)))には、偉大な金日成主席が誕生した生家があります。日帝に奪われた国を取り戻すため、故郷のマンギョンデを後にした主席は、数十年間、抗日革命闘争を繰り広げて国を解放しました。
ピョンヤンのマンギョンデ((万景台(만경대)))には、偉大な金日成主席が誕生した生家があります。日帝に奪われた国を取り戻すため、故郷のマンギョンデを後にした主席は、数十年間、抗日革命闘争を繰り広げて国を解放しました。

国に凱旋し、新しい国づくりの多忙な日々を送っていた主席は、チュチェ34(1945)年10月9日、故郷が間近に見えるマンギョンデの分かれ道を素通りして、カンソン((干城(간성)))の労働者を訪ねました。マンギョンデへ曲がる分かれ道のところで、車をとめた主席は、マンギョンデの方を眺めました。
国に凱旋し、新しい国づくりの多忙な日々を送っていた主席は、''チュチェ34(1945)年10月9日、故郷が間近に見えるマンギョンデの分かれ道を素通りして、カンソン((干城(간성)))の労働者を訪ねました''。マンギョンデへ曲がる分かれ道のところで、車をとめた主席は、マンギョンデの方を眺めました。

主席は、同行の人に、あそこがマンギョンデです、20年ぶりに見る故郷です、年老いた祖父と祖母にわたしの挨拶を伝えてください、と言い、カンソンに向かいました。

''社会科学院''の金日成主席の革命活動の歴史研究所の研究室主任、教授、博士''リ・ジョンイク''さんのお話です。
>「間近の故郷を後にして、カンソンの労働者を訪ねた主席の高い意志を歴史の分かれ道は伝えています。解放直後、たち遅れた農業国家だった共和国を盛りたてるためには鋼鉄が必要だと思った主席は、懐かしい故郷のマギョンデを素通りしたのでした。当時、カンソン製鋼所を訪れた主席は、労働者の手を熱く取り、今は、あなたたちが国の運命を担う新しい朝鮮の柱、土台石だとし、破壊された製鋼所の復興へと力強く呼び起こしました。工場の労働者たちは、民主建国の急先鋒になろう、それで製鋼所を国の民族経済の発展に大いに役立つ逞しい冶金工場のひとつに建設するべきだとし、復興の方向と方途を明るく示した主席の大きな信頼を胸に、数十日の間に電気炉を復興し、鋼鉄を生産して建国偉業に寄与しました」

社会主義強国建設目指して力強く進む今の現実もこの道から始まったのです。

まさに、金日成主席が残した不滅の業績を万代に伝える''マンギョンデの分かれ道''は、社会主義朝鮮の繁栄の基礎を築いた歴史の道でした。

RIGHT:'''2016年の記事'''
LEFT:[[主席の生涯]]、[[長編小説「凱旋」]]、[[党の創立の前の日にも]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//160701_マンギョンデの分かれ道
//160705_マンギョンデの分かれ道
//160706_マンギョンデの分かれ道

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS