#author("2020-05-11T12:32:19+09:00","default:pop hok","pop hok")
#attach
#author("2020-05-11T12:33:22+09:00","default:pop hok","pop hok")
*ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(6) [#vc8f6059]
ペクトゥ山地域には噴火作用によってつくられたユニークな地質構造が沢山あります。

チュンアム山には亀やペンギン模様の岩など、奇妙奇天烈な岩が少なからずいます。チュンアム山はサムジヨン市((三池淵市(삼지연시)))シンムソン洞((神武城洞、新武城洞(신무성동)))に位置しています。標高2140メートルです。

標高2162メートルのカンベク山には塩の岩があります。形成当時、軽石の高濃度のアルカリ含量と多量の塩素ガスの放出によって、軽石の内部に塩分が蓄積されました。獣たちが塩分補充のためここに集まるといって塩の岩と呼ばれています。

標高2288メートルのプクポテ山にはマグマが冷却・固結してできた火山岩があります。これは他の国の火山地域でもまれに見る地質体です。

サムジヨン市ペクサム里にあるペクサム里断崖は、火山地質についての教育と観察で意義あるものとなっています。

サムジヨン市ペクトゥ山密営洞((白頭山密営洞(백두산밀영동)))にある竜馬の岩です。竜馬に似ているところからこう呼ばれるこの奇岩は、火山帯が沈降運動によって切られてできたものです。

千の軍隊の意味のチョングン岩を眺めれば、まるで多くの兵卒が列を並んで立っているようです。チョングン岩はペクトゥ火山から噴出した岩石が谷を埋め尽くした跡に川ができ、その後、底が掘られて今のような模様をなしました。高さ68メートルほど、長さが約270メートルです。

ソベク山((小白山(소백산)))は標高2171メートルです。サムジヨン市北西部にあるこの火山には色々な模様の奇岩があります。

(観光)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200410030_001.jpg,wrap,320x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200410030_002.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200410030_003.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200410030_004.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200410030_005.jpg,wrap,140x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200410030_006.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200410030_007.jpg,wrap,196x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
LEFT:[[ペクトゥ山地域の地質学的特長]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(1)]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(3)]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(4)]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(5)]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(観光 2020.05.10)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS