#author("2020-05-11T12:29:24+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-06-01T14:31:15+09:00","default:pop hok","pop hok")
*ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(5) [#aaaa458d]
朝鮮のペクトゥ山地域には噴火作用によって造られたユニークな地質構造が多くあります。

ペクトゥ山地域で見られる埋没木はこの一帯に育っていた木々が噴火の際に生じる軽石に埋もれ、枯れてしまったものです。これらの埋没木は軽石の噴出年代を決める上で意義の大きいものです。

炭化木はペクトゥ山地域の各所で見られます。標高2千3百メートル前後の丘と谷にも樹齢約4百年の炭化木があります。ペクトゥ山地区の炭化木は天然記念物に指定されています。

ペクトゥ火山帯の複数の地域には火山弾もあります。火山弾は固まりかけていたマグマがガスの爆発によって早いスピードで噴き出され、短時間で冷えきったものです。形様々な火山弾は火山地形の素晴らしい見物です。

ポソリ柱状節理絶壁はサムジヨン市((三池淵市(삼지연시)))のポソ里((宝西里(普西里、보서리)))にあります。絶壁は標高の高いところに位置しているポソリ火山を取り囲んでいます。幅8百メートル、高さ3百メートル程度です。柱状節理が見事に発達しているので、地質公園などで見られる岩登りの機材を設置することができます。

3つの池が立ち並んでいることから三池淵、サムジヨンと呼ばれている湖です。サムジヨンは約100万年前、噴火の際に噴き出たマグマにより、川が塞き止められてできました。主な水源は大気降水と地下水です。湖には水草と魚が豊富です。水は清らかで湖岸は砂浜となっています。周辺には鬱蒼とした原生林が果てしなく広がっています。

風光明媚な名所の1つであるサムジヨンは天然記念物に指定されています。

(観光)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200410028_001.jpg,wrap,210x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200410028_002.jpg,wrap,158x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200410028_003.jpg,wrap,205x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200410028_004.jpg,wrap,340x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200410028_005.jpg,wrap,270x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
LEFT:[[ペクトゥ山地域の地質学的特長]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(1)]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(2)]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(3)]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(4)]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(6)]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(観光 2020.05.02)
//200531_ペクトゥ山地域のユニークな地質構造5

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS