#author("2023-09-16T20:40:27+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2023-09-17T19:57:29+09:00","default:pop hok","pop hok")
*恵宗王陵 [#we2f2746]
''ヘジョン王陵''はチュチェ108(2019)年7月、朝鮮のケソン市((開城市(개성시)))で発掘された''コリョ''、高麗第2代王の墓です。コリョは朝鮮の歴史に918年から1392年まで存続した封建国家です。ヘジョン王陵は10世紀に築造されたものです。

墓は3つの区画からなっています。上段には直径13メートル、高さ3メートルの封土墳とその保護施設、標識碑があります。中段には左右にそれぞれ1つの文官像があり、下段には祭壇があります。玄室は長さ4メートル、幅3.4メートル、高さ2.2メートルで、今まで発掘されたコリョの王陵の中で一番大きいです。

王陵の発掘当時、「コリョの王陵」という字が刻まれた石碑と陰刻を施した杯の台の青磁、花びらの模様を施した軒丸瓦、竜模様の軒端飾りのかけらなどが発掘されました。

''社会科学院考古学研究所''の研究室主任''キム・インチョル''さんのお話です。
>「ヘジョン王陵を発掘し考証したのは、コリョの王陵制度の研究でとても大きな意義があります。先ず、コリョ初期の王陵の構造を明らかにし、コグリョ、高句麗の王陵との継承関係の解明が可能になりました。またコリョの王陵制度の移り変わり、コリョの焼き物の歴史の発展の過程で重要な意義がある資料を数多く発見しました」

(観光)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike191113027_001.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike191113027_002.jpg,wrap,158x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike191113027_003.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike191113027_004.jpg,wrap,136x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2019年の記事'''
LEFT:[[恵宗(高麗王)>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E5%AE%97_(%E9%AB%98%E9%BA%97%E7%8E%8B)]] -- Wikipedia&br;
''キム・インチョル'':[[テソン山城]]、[[ヘジョン王陵]]、[[ポブウンアム]]、[[新しく発掘されたコリョ時代の遺跡と遺物]]、[[石刻天文図]]、[[透かし彫りの飾りもの]]
''キム・インチョル'':[[コグリョの瞻星台の址]]、[[テソン山城]]、[[ヘジョン王陵]]、[[ポブウンアム]]、[[新しく発掘されたコリョ時代の遺跡と遺物]]、[[石刻天文図]]、[[透かし彫りの飾りもの]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(観光 2019.12.22)
//200119_ヘジョン王陵

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS