#author("2022-02-02T19:46:19+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-02-03T19:11:21+09:00","default:pop hok","pop hok")
*パルチザンの息子 [#q3d91e10]
//パルチザンの息子1
>正日峰&note{正日峰:ジョンイルボン(정일봉)};に雷 とどろき渡れば&br;
黒雲引き裂け なだれおこる&br;
金正日将軍 号令すれば&br;
稲妻走る 谷裂ける&br;
とどろけ とどろけ 正日峰の雷

2月の正日峰に雷が鳴ります。天地を揺るがすその雷鳴に、人々は天下を牛耳った金正日将軍の気概を感じています。金正日将軍は信念でも一番、胆力でも一番の天下一の将軍でした。

その英知と胆力の源について、''クォン・オックム''さんはこう話しています。
>「私が金日成主席と共にペクトゥ山&note{ペクトゥ山:白頭山(백두산)};の金正日将軍の生家を訪れたのは1980年代の中頃だと思います。主席は、生家にあるゆかりの物を一つ一つつぶさに見て感慨を覚えました。この日、主席は、金正日将軍が並外れて剛毅で剛直なのは正義感と信念の強い抗日革命家の中で闘争と生活の真理を学んだからだ、将軍は幼年時代から遊撃隊の銃声を子守唄のように聞きながら成長したと感無量の面持ちで言いました。その後、何度も金正日将軍の教えを受ける機会に恵まれ、将軍が並外れて胆力が強く、剛毅なのは抗日革命家の高潔な精神をそのまま身に付けたからだということが良く分かりました」

金正日将軍がチュチェ85年、1996年11月24日、敵軍と直接対峙している最前線の''パンムンジョム''を訪れた時のことです。思いの他、将軍を迎えた部隊は感激に包まれました。(将軍様が来られるとは)到底信じられないことでした。

将軍は、敵軍が目の前に見える所まで行くと言いました。しかし、それだけは絶対だめだとみなが思っていました。これ以上、前へ進んではなりません、敵軍がどう挑んでくるか分かりません、と切々と申し上げる兵士たちに将軍はいいました。
>――私は''パルチザンの息子''です、ペクトゥ山で生まれて、抗日革命の銃声を聞きながら育ち、両親について抗日戦争の炎の中で革命的信念を固め、祖国解放戦争の砲煙弾雨の中で意志と胆力を培いました。あなたたちは社会主義制度が良いというだけでなく、それを守るための階級的意識を高めなければなりません、一時的難関を克服できないと奴隷になります、奴隷になるか、でなければ自主的な近衛兵になるか!――
>>正日峰に雷 とどろき渡れば&br;
夜は明け染め 太陽昇る&br;
金正日将軍 高く仰ぎ&br;
朝鮮は進む 社会主義進む&br;
とどろけ とどろけ 正日峰の雷

兵士たちには勝利の自信を、敵には絶望と恐怖を与えた総帥の宣言。

>――金日成主席のために、尽きない繁栄のために――

将軍の心の中で社会主義の国を守り抜く不屈の意志が脈打っていました。東へ、西へと将軍が歩んだパルチザン式の強行軍の道のりでペクトゥ山の強兵の威容は百倍に固められ、国は前へ前へと進みました。

パルチザンの息子である金正日将軍が抗日の決戦場で培った胆力と信念、鉄の意志があって国は誇らしく守られ、人民には明るい明日が開かれました。

#br
RIGHT:'''2013年の記事'''
----
//パルチザンの息子2
ペクトゥ山&note{ペクトゥ山:};は父祖の山であると同時に偉大な金日成主席の抗日革命闘争の歴史が秘められている革命の聖なる山です。このペクトゥ山でチュチェ31(1942)年2月16日、偉大な金正日総書記が金日成主席と抗日の女性英雄金正淑女史の息子、''パルチザンの息子''に生まれました。

ペクトゥ山の山頂に天池、天の池と呼ばれる大きなカルデラ湖があります。金正日総書記は天池の青い精気を身につけて将軍としての胆力を培い、抗日大戦の炎の中で厳しい銃声を子守歌のように聞きながら成長しました。

ペクトゥ山には総書記が誕生して幼年時代を過ごした秘密のベースキャンプの家とゆかりのものが大事に保存されています。生家の裏手には偉人が生まれた聖地を守るかのように奇妙な峰が聳えています。朝鮮人民はその峰を「正日峰&note{正日峰:};」と呼んでいます。

吹雪荒れ狂うペクトゥ山の千古の密林で誕生した金正日総書記は時代の激流の中、並みの人には考えも及ばない幼年時代を送りました。ペクトゥ山は総書記の胆力と気概を育んだ揺籃も同じでした。総書記が生まれて初めて身につけた服は両親の軍服を作り直したもので、布団も女性の遊撃隊員たちが背嚢から探し出したハギレと、自分たちの綿入れからちぎり取ったもので作ったパッチワークの布団でした。

パルチザンの息子に生まれ、砲煙にくすんだ服を着て成長した総書記の生涯はこのように初めから並み並みならぬものでした。偉大なパルチザン一家の意を継いだ総書記の偉人の風格は英知に輝く秀でたものでした。早くも1960年代初めから先軍革命を導いた総書記はいかなる狂風が吹き荒れてもびくともしない不屈の革命的意志、英雄豪傑の胆力、困難に立ち向かって進む頑強な攻撃精神を持って、朝鮮革命を勝利へと導きました。

帝国主義連合勢力の加増するばかりの共和国押しつぶし策動と数年続きの酷い自然災害の中でも社会主義の国を守り、いかなる強敵も手出しできない必勝不敗の軍事強国を打ち立てた総書記。強盛国家建設の明るいビジョンを示した総書記はまさに、またといない愛国者、先軍の総帥でした。

チュチェ85(1996)年11月のある日、金正日総書記は最前線にある''パンムンジョム''の人民軍部隊を訪れました。総書記がパンムンジョムの視察に出た時、周りの人たちは何度も引き止めました。その時、総書記は、私はパルチザンの息子である、私はペクトゥ山に生まれ、抗日革命の銃声を聞きながら育ち、両親に従って国の解放の戦いの中で革命的信念を固めた、そして、祖国解放戦争の砲煙弾雨の中で意志と胆力を培ったと力を込めて言いました。この日、総書記は敵の詰め所までわずか数十メートルしかならない前方にまで行って兵士たちに必勝の信念と胆力を持たせました。

このように金正日総書記はペクトゥ山の気概と胆力を持ち、偉大な革命生涯を通してパルチザン式の強行軍を行って国を守り、栄える国づくりにすべてを尽くしました。

パルチザンの息子である金正日総書記が抗日の厳しい戦場で育んだ強い胆力と固い意志があって共和国はしっかり守られ、朝鮮人民には明るい未来が開かれたのです。

RIGHT:'''2015年の記事'''
#br
----
//*パルチザンの息子3
//(フィーチャー 2022.02.01)
//パルチザンの息子3
2月16日は、偉大な金正日国防委員長の誕生日の''光明星節''です。金正日国防委員長はチュチェ31(1942)年2月16日、ペクトゥ山&note{ペクトゥ山:};の秘密のベースキャンプに生まれました。

当時、朝鮮では民族みなが父祖の山と仰ぎ、神聖視していたペクトゥ山を中心として抗日武装闘争が展開されていました。父の偉大な金日成主席は朝鮮人民革命軍司令官で、母の金正淑女史は革命軍の女性将軍でした。

パルチザンの将軍の許であんよを覚えた国防委員長の生涯は、その始めから人並み外れていました。生まれたところはパルチザンの丸太小屋で、将来を祝福した人たちはパルチザンの闘士たちでした。かけていたパッチワークの布団は、パルチザンの女性隊員たちが綿入れの綿を少しずつ抜き取って作ったもので、遊び道具はパルチザンの男性隊員たちが作ったものでした。

初の誕生日に国防委員長は、パルチザンの隊員たちがナイフで木を削って作った拳銃をプレゼントされました。国防委員長の目に最初に映った服はパルチザンの軍服で、最初に耳にした声はパルチザンの号令、初めて覚えた歌もパルチザンの軍歌でした。

国防委員長はパルチザンの隊員たちといつも共にいて、その世界に憧れました。そして軍事を学び、銃を大事にする心を培いました。また、志を同じくする人たちの信義と言うものを会得し、勇敢な隊員たちに習って胆力を身につけました。

パルチザンの隊員たちは国防委員長のことを「幼い将軍」と呼びました。パルチザンの家門に生まれ、抗日革命の銃声を子守歌のように聞きながら育ったパルチザンの息子。

闘士たちの崇高な信義、不屈の意志、抗日パルチザンの不滅の魂は後年、金正日国防委員長の生涯に貴重な滋養分となりました。

(フィーチャー)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike220117014_001.jpg,wrap,150x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike220117014_005.jpg,wrap,170x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike220117014_003.jpg,wrap,220x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike220117014_004.jpg,wrap,268x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike220117014_002.jpg,wrap,120x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2022.02.01の記事、本文中に「パルチザン」が14回'''
LEFT:[[光明星節]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//130203_パルチザンの息子1
//130220_パルチザンの息子1
//130227_パルチザンの息子1
//150202_パルチザンの息子2
//220202_パルチザンの息子3

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS