#author("2022-03-27T19:44:47+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-04-09T19:09:34+09:00","default:pop hok","pop hok")
*大同郡の三つ子 [#ic5fe90b]
ピョンアン南道((平安南道(평안남도)))テドン郡((大同郡(대동군)))の三つ子です。三つ子には代を継いで家宝として伝えられる金の指輪と銀の飾り刀があります

'''(字幕)チュチェ47(1958)年2月26日生まれ'''
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_01.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_02.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_03.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)
#br

#ref(img_vok201031a_04.jpg,wrap,around,left,212x120)
'''(字幕)三つ子の母親ホ・ハクシル'''
#clear
#br

今から60数年前、三つ子を生む当時ホさんは体の不自由な身でした。1950年代の祖国解放戦争の時、敵はホさんの一家親族を無残に殺し18歳の娘だったホさんの片方の乳房を抉り取りました。胸深く刻まれた傷は戦後、何もかも不足した時に生まれた三つ子によって再び傷付けられました。
#br

長女''パク・チュンエ''さん。
#ref(img_vok201031a_05.jpg,wrap,around,right,212x120)
>「そのとき、母は目先が真っ暗だったと言いました。母乳もろくに出ず、子を預ける親戚も1人もいなかったので、私たちを抱いて涙ばかり流したとのことです」
#clear
#br

このような時、社会主義制度の恩恵がホさんを温かく包み込みました。

次女''パク・キョンエ''さん。
#ref(img_vok201031a_06.jpg,wrap,around,right,212x120)
>「テドンというところで三つ子が生まれたという報告が届くと国では、戦後の復興建設で一紙半銭もおろそかにしないときでしたが、保育の費用を送り、医師、看護婦、家政婦まで派遣しました。毎月、粉ミルクと保育費、蜂蜜、衣服が与えられました。学校に通うときは、学校の制服と綿入れ、履物、学用品まで毎年、与えられました。学生の全期間、何の心配なく、学業に専念することができました。私が大学生になったときは、奨学金と生活必需品が毎日、支給されました」
#clear
#br

有り難い社会主義制度の許でテドン郡の三つ子は何の心配事も知らずに思う存分学び、希望通り大学と当時の専門学校を卒業しました。三つ子が社会に出て重要な機関で働く時も国の配慮は続きました。
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_07.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_08.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_09.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_10.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)
#br

チュチェ80年(1991)2月14日、この日はテドン郡の三つ子にとって忘れられない日でした。同時に金の指輪と銀の飾り刀がプレゼントされたのでした。当時、国では日帝の植民地支配から解放された後に生まれた三つ子とその親にも金の指輪と銀の飾り刀を与えました。

'''(字幕)チュチェ72(1983)年7月から、共和国では生まれる三つ子に金の指輪と銀の飾り刀がプレゼントされている'''
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_11.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_12.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)
#br

思いがけないプレゼントにホさん一家は感激の涙を流し、また流しました。それでホさんは常に子達に、「この母はあなた達を産んだだけだ、あなた達は有り難い社会主義制度の許で育った恵まれた子達だ」と言っていたとの事です。
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_13.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_14.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)
#br

歳月は流れ三つ子も歳を取りましたが、今日も社会主義制度の恩恵に浴しています。

テドン郡人民病院院長''パク・チョル''さん。
#ref(img_vok201031a_15.jpg,wrap,around,right,212x120)
>「わが国にはピョンヤンと地方に至るまで、三つ子の健康管理システムが整然と立てられています。病院では三つ子の健康診断と治療対策に深い関心を払って来ました。つきに1回ずつ行うことになっている健康検診を着実に行っており、担当医が家を訪ね、いささかの異常にも適時の対策を講じています」
#clear
#br

生活を守り細かく顧みる社会主義制度と切り離して三つ子の今は有り得ないものです。三つ子は金の指輪と銀の飾り刀を心の鑑と見做し、金、銀のように変わりの無い人生を送る決心を固めています。
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_16.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_17.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_18.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)
#br

長男''パク・チャンス''さん。
#ref(img_vok201031a_19.jpg,wrap,around,right,212x120)
>「私たちは国の恩恵に浴するだけではいられない、少しでも報わなければと話しあいました。それで、重要プロジェクトの建設現場を真心尽くして支援しました。当然すべきことをした私たちに国では数回に渡って、感謝分と贈り物を送り、国家叙勲にも預かりました。その恩をいつも忘れず、社会と集団のためになることをたくさんし、また、子たちを国の立派な人材に育てるつもりです」
#clear
#br

テドン郡の三つ子が家宝として伝えている金の指輪と銀の飾り刀、ここに三つ子の恵まれた人生がそのまま映えています。
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_20.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_21.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_22.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_23.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_24.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok201031a_25.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

(今日の朝鮮)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
LEFT:[[2020年の三つ子]]、[[サムジヨン市の三つ子の姉妹]]、[[三つ子と共に撮った写真]]、[[三つ子の我が家]]、[[三つ子の軍人たち]]、[[愛情の伝説]]、[[家庭の自慢]]、[[国の防衛は家庭の幸せ]]、[[才能を伸ばしている三つ子]]、[[総書記と三つ子の姉妹]]、[[恵まれた三つ子]]、[[恵まれた三つ子たち]]、[[列車で出会った500回目の三つ子の母]]
----
-2020.02.04 [[今年初の三つ子がピョンヤン産院から退院しました>vok200204#hbec11ad]]
-2020.03.21 [[ピョンヤン産院で500回目の三つ子が生まれました>vok200321#r49ef552]]
-2020.03.30 [[銀の飾り刀と金の指輪を家宝として大事にしています>vok200330#k6d39149]]
-2020.07.23 [[ピョンヤン産院で506番目の三つ子が生まれました>vok200723#qe2a0e36]]
-2020.10.07 [[ピョンヤン産院で生まれたキムチェク市の三つ子が退院しました>vok201007#vb7997d2]]
-2021.05.26 [[ピョンヤン産院から513番目の三つ子が退院しました>vok210526#ua8a4405]]
-2021.07.22 [[ピョンヤン産院で三つ子が無事退院しました>vok210722#gc659649]]
-2021.11.05 [[ピョンヤン産院から三つ子が退院しました>vok211105#kc035d72]]
-2022.04.08 [[ピョンヤン産院から522番目の三つ子が退院しました>vok220408#of915d5b]]
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2020.10.31)
//(201031 サイト動画の聞き書き、字幕抜き書き)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS