#author("2017-04-09T20:57:01+09:00","default:pop hok","pop hok")
*大同川の水産資源 [#l541b4e8]
''テドン川''((大同川(大同江、대동강)))は朝鮮の北西部にそびえるランリム山((狼林山(랑림산)))に源を発し、ピョンヤンを経て朝鮮西海に流れ込みます。朝鮮の川で5番目に数えられ、支流が620もあります。

テドン川には西海閘門をはじめ、ポンファ閘門((烽火閘門(봉화갑문)))、ミリム閘門((美林閘門(미림갑문)))などいくつもの閘門がつくられ、自然の影響を受けることなく年中清い水が流れています。それで水産資源に富んでいます。共和国ではテドン川の水産資源を保護する色々な措置が取られています。

その一つとして川の周辺に出来たいくつかの大きな養魚場を挙げられます。これらの養魚場は毎年、数百万、数千万の幼魚をテドン川に放しています。そして、北部を流れるアムノク川((鴨緑江(압록강)))からも色々な魚を持って来てテドン川に放し、水産資源をもっと豊かにしています。

今、テドン川にすんでいる魚は130種余りです。下流には、スズキ、鯉、カワサッパ、ナマズなど50種、中流にはコウライニゴイ、カマツカ、タナゴなどおよそ60種、上流にはコグチマス、アブラハヤなど20種がすんでいます。中でもテドン川の鯔(ぼら)は昔から広く知られています。

テドン川にはまた、学術的、経済的に重要な意義を持つコウライイワナもいて、研究者たちの関心を集めています。コウライイワナは天然記念物に指定されています。今、大人造湖に変わったテドン川はもってこいの釣り場になっています。この9月にも''第11回全国釣り競技''が行われ、テドン川の趣を一層潤いあるものにしました。

共和国政府の正しい自然保護政策によりテドン川の水産資源はますます豊かになるでしょう。
//IKE120929017_12.jpg
//IKE120929017_22.jpg
//IKE120929017_32.jpg
//IKE120929017_42.jpg

RIGHT:'''2012年の記事'''
LEFT:[[テドン川]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS