#author("2017-04-09T20:55:51+09:00","default:pop hok","pop hok")
*大同川の日の出 [#b7404e70]
「''テドン川の日の出''」、この歌は偉大な金正日総書記が代を次いででも社会主義偉業を完成し、明るい未来をもたらす意志を込めてつくったものです。朝鮮人民誰もが好んで歌っています。
>朝日昇るテドン川&br;
燃える太陽わが心&br;
若き力燃える希望&br;
広い大地にふりそそぐ

ピョンヤンの真ん中を流れるテドン川((大同川(大同江、대동강)))、テドン川に映える朝焼けは多くのことを思い起こさせています。昔から輝かしい文化が根付き、祖先の英知が宿る美しさのシンボルとされてきたテドン川です。

日帝の植民地支配下では血の涙の川であったテドン川は国を取り戻した偉大な金日成主席によって光明の朝を迎えました。主席の正しい導きにより、テドン川は幸福の川、楽土の川となり、共和国は真の人民の国、社会主義の国になりました。

偉大な金正日総書記はチュチェ49(1960)年7月のある日、テドン川の壮快な日の出を眺めながら、金日成主席が切り開き、輝かしてきた社会主義偉業を代を継いであくまで完成させる崇高な志と固い意志を込めてこの歌をつくりました。主席に従って社会主義朝鮮を強い国、文明国につくる総書記の意志がテドン川の日の出と共に高らかに響き渡っています。
>朝日映えるテドン川&br;
燃える思いも空に映え&br;
雨や嵐乗り越えて&br;
主席だけについていく

''社会科学院の研究所所長''、アカデミー会員候補、教授、博士''コ・チョルフン''さんのお話です。
>「偉大な金正日総書記は55年前のチュチェ49(1960)年にテドン川の日の出を見て、青年たちに金日成同志に従う前衛になろうと熱く呼びかけました。この呼びかけには進取の気性に富む青年みなに社会主義建設の担い手、革命の継承者としての地位と役割を全うさせようとの総書記の固い意志がそのまま込められています。総書記のこの意志そのままに、今、共和国の青年たちは青春の情熱に満ちていかなる苦難と試練も乗り越え、国の防衛と社会主義建設の急先鋒となっています。青年たちが収めた不滅の功績を記念して建造物と道路、町と仕事場が青年という名で呼ばれることだけを見てもそれがよく分かります。青年たちはこれからも金日成主席と金正日総書記の前衛としての役割を果たし、社会主義建設の先頭で引き続き飛躍をもたらすでしょう」
>>今日はここで朝迎え&br;
明日は共産主義迎えよう&br;
この道行き世界中を&br;
チュチェの色で染め抜こう

その通りです。テドン川の日の出に秘められている総書記の不屈の意志、それは代を継いで主席の思想と指導に従う衷情の意志であり、必ず社会主義の輝かしい勝利を収めて明るい未来をもたらす意志なのです。

今も朝鮮人民は敬愛する金正恩元帥の導きに従って社会主義強盛国家の明るい日の出を迎えるために力強く進んでいます。

RIGHT:'''2015年の記事'''
LEFT:[[テドン川]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS