#author("2019-08-09T23:07:00+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2019-09-28T17:03:07+09:00","default:pop hok","pop hok")
*大同江の蓬島 [#jb9284a0]
ピョンヤンの都心を流れるテドン川((大同川(大同江、대동강)))。朝鮮で5番目に長いこの川には、ルンラ島((綾羅島(릉라도)))、ヤンガク島((羊角島(양각도)))、スク島((艾島、蓬島(쑥섬)))、トゥル島((두루섬))などいくつもの中洲があります。

''スク島''はテドン川の堆積作用によって形成された沖積土の島です。比較的に狭くてやや長めの形です。元々一つの小さな島だったのが長い間のテドン川の堆積物によって西の方のトゥル島とつながりました。

スク島はテドン川の他の島より地面が低いので過去はちょっとした雨にも水没を余儀なくされました。そのため天に頼って農作した昔は、人が安着して暮らすことができず、島は蓬だけが生い茂る荒地になりました。それでスク島と呼ばれるようなりました。スク島とは蓬の島という意味です。

そのスク島が今はすっかり移り変わりました。島には延べ建築面積10万6600平方メートルの科学技術殿堂が建てられました。また、百年の洪水にも耐えるよう護岸工事が行われ、4キロに及ぶ区画道路も作られました。

また、壮麗な佇まいの科学技術殿堂とマッチして数万本の高木や花木が植えられ、濃い緑が島の風致を一層引き立てています。蓬だけが生い茂っていたスク島が科学の島に変わりました。人が定着できなかったスク島を今は人々がひっきりなしに訪れ、思う存分知識を深めています。

スク島の移り変わりと共にテドン川は一層美しくなり、ピョンヤンの景色も異彩を放つようになりました。

RIGHT:'''2016年の記事'''
LEFT:[[ルンラ島(綾羅島)]]、[[科学技術殿堂]]
LEFT:[[ルンラ島(綾羅島)]]、[[科学技術殿堂]]、[[テドン川]]、[[テドン川の島々]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS