#author("2018-04-27T15:14:12+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-12-31T16:49:03+09:00","default:pop hok","pop hok")
*鉄嶺に残した先軍の足跡 [#hb8d2355]
朝鮮の東部山岳地帯に''チョル峰''((鉄嶺(철령)))という険しい峰があります。春ともなればくろふねつつじが美しく咲き誇るチョル峰、上り16キロ、下り16キロの九十九折の険しいこの山道には兵士たちを訪ねて越えては、また越えた偉大な金正日総書記の無数の足跡が残っています。

総書記がチョル峰を越える度に周りの人たちは引き止めました。ある日も、もう険しいチョル峰を越えるのはよしてください、と申し上げました。すると総書記は、その峰が険しいのは知っている、ひょっとすれば崖っぷちから転げ落ちるとも限らない、ということも知っている、知っていながらもチョル峰を越えるのは、その向こうで愛するわが兵士たちが最高司令官を待ちわびながら国の守りについているからだ、それでしばしば訪ねているわけだ、じっとしていられるだろうか、と熱くいいました。

こうして越えたチョル峰に総書記の兵士への熱い思いが込められた伝説のような話も多く伝えられています。

ある年の初春、チョル峰を越える途中、総書記は冷たい風に当たりながら長時間待って、歩哨に立っていた一人の兵士に会いました。故里はどこで、両親は何の仕事をしているのか、入隊したのはいつなのかを一つ一つ聞いた総書記は、兵士と並んで記念写真を撮りました。そして、別れる時は持ち場をしっかり守るようにと励まし、長いこと手を振ってやりました。

その後も総書記は、雨の日、みぞれの日を問わず、また、夜中にも明け方にもチョル峰を越えました。いつでしたか、雨の中をチョル峰を越えて来た泥だらけの車を見て兵士たちが目を潤ませ、もうこんな険しい峰は越えないで下さいと申し上げたことがありました。その時、総書記は、もう私にチョル峰の卒業証書をくれるそうだね、でもそうは行かない、強盛大国建設の最後の勝利の日までチョル峰の卒業証書をもらう訳には行かない、といいました。

後日、金正日総書記は先軍革命指導の日々のことを感無量の面持ちで振り返り、私はチョル峰を何度も何度も越えた、チョル峰を越えて最前線の部隊を視察し、先軍革命指導をしてきた、チョル峰は先軍革命指導のシンボルだ、といいました。そのチョル峰で国の平和が守られ、富強な国造りの明るい青写真が広げられました。

国と人民の運命を守るため総書記が越えてはまた越えたチョル峰、金正日総書記の偉大な先軍の道があって朝鮮人民は平和を固く守り、強盛繁栄の道を勢いよく、まっしぐらに進んでいるのです。
//IKE130808016_12.jpg

RIGHT:'''2013年の記事'''
LEFT:[[チョル峰]]
LEFT:[[チョル峰]]、[[心の中に大事に仕舞われているチョル峰]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//131224_チョル峰に残した先軍の足跡

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS