#author("2017-04-04T00:09:49+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2018-02-17T00:30:21+09:00","default:pop hok","pop hok")
*小白水の清い水 [#fbabc05c]
朝鮮の北部、ペクトゥ山地区の秘密のベースキャンプに偉大な金正日総書記の生家があります。その生家の前に水晶のように清らかな''ソベクス''((小白水(소백수)))という小川が流れています。

不思議なことに、ソベクスは氷点下数十度の酷寒の中でも凍らず、いつも清い水が流れています。白い水しぶきをあげながら周りの木々に樹氷の花を咲かせるソベクス。その雪景色には目を見張るものがあります。

そしてソベクスの雪景色に強い愛着を抱いていた金正日総書記への思いで胸が熱くなります。ある年の冬、金正日総書記は執務室の窓辺に静かに降り積もる雪を眺めながらペクトゥ山((白頭山(백두산)))についての歌を聞きました。そして、歌を聞いていると、ペクトゥ山の豪雪の中でも流れるソベクスの雪景色が思い浮かび、ペクトゥ山の生家で私の名を呼びながらあんよを教えた母の声が聞こえてくるようだ、庭で私の手を取って雪の上を歩いていた母の姿が思い浮かんで来てならない、と言いました。

強い胆力と不屈の意志を育んだ人生の揺籃への思いとともに偉人の心の中にいつも大事にしまわれていたソベクスの清い水と雪景色です。このソベクスが朝鮮人民の心に刻み付けられたのは金正日総書記が誕生した時からでした。

チュチェ31(1942)年2月16日、金正日総書記が誕生した時、革命家たちは感激を禁じえませんでした。そしてソベクスの周辺の木々にペクトゥ山の光明星の誕生を告げるスローガンを書き込みました。金日成主席は金正日総書記の誕生50周年に際して残した頌詩でソペクスの清い水について感銘深くしたためました。
>ペクトゥ山に 正日峰そそり立ち&br;
ソベクスの碧き流れ よどみなし&br;
光明星誕生し いつしか50年&br;
文武忠孝兼備せるをこぞって たたえけり&br;
万民称賛の心 ひとしくて&br;
歓呼の声 天地を揺るがす&br;
1992年2月16日 金日成

主席がつくった頌詩はペクトゥ山の息子である金正日総書記の不滅の歴史を心から称えるものでした。総書記の一生は朝鮮を輝かし、人民の尊厳を轟かせた偉人の一生でした。

チュチェ102(2013)年11月、ペクトゥ山地区の革命戦跡地を訪れた敬愛する金正恩元帥はペクトゥ山で切り開かれたチュチェの革命偉業をあくまで達成する決心と意志がさらに強くなると言いました。

金正恩元帥に従って強盛国家建設に励んでいる共和国の軍人と人民の気概はソベクスの流れと共にさらに強く轟くでしょう。

RIGHT:'''2015年の記事'''
LEFT:[[ソベクス]]
LEFT:[[ソベクス]]、[[ソベクスの谷に咲いた樹氷の花]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//150204_ソベクスの清い水
//150202_ソベクスの清い水

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS