#author("2017-04-01T12:34:26+09:00","default:pop hok","pop hok")
*スポーツの発展のために [#f0ba1d1a]
今、朝鮮にスポーツブームが到来しました。国と民族の尊厳を世界に轟かし、人民の体力増進と文化生活に大いに寄与している朝鮮のスポーツ、このスポーツの発展も偉大な金日成主席と金正日総書記の正しい導きによるものです。

振り返ってみますと、凶悪な日本帝国主義に国を奪われ、植民地奴隷の苦しい境遇におかれていた時、国際競技で優勝をしても声を大にして誇れる国がなかったので他国の国旗を胸につけ、鬱憤を吐露しなければならなかった朝鮮民族でした。その涙ぐましい恥辱の歴史に終止符を打ち、朝鮮のスポーツの運命を救い出したのは正に偉大な金日成主席でした。

国の解放直後、主席は党を創立して数日後のある日、一人のスポーツ選手にあって民主の新しい朝鮮を建てるためには人々が健康でなければならず、目下の情勢からして国防力を強化するためにもスポーツを発展させなければならない、スポーツは国の興亡を左右する重要な事の一つである、こう言って、一日も早く体育同盟を結成するための詳しいことを教えました。

主席の精力的な導きによってチュチェ34(1945)年11月1日、北朝鮮体育同盟が結成されました。こうして、国のスポーツを一つにまとめて発展させるしっかりした土台が築かれました。朝鮮のスポーツは1950年代初めの厳しい祖国解放戦争の時も、すべてのものが足りない戦後の復旧建設の時も引き続き発展して来ました。

チュチェ55(1966)年7月、イギリスで行われた第8回世界サッカー選手権大会で朝鮮の選手が優勝候補と目されたイタリアチームをくだして準々決勝に躍進する驚くべき成果を収めることができたのも正に主席によってもたらされた主体的なスポーツ発展のしっかりした土台があったからです。

主席は1960年代末、全国スポーツマン大会を催し、大会で「スポーツを大衆化し、全人民を労働と国防にしっかりそなえさせよう」という歴史的な演説を行いました。主席は演説でわれわれは今後、すべての部門、すべての単位でスポーツを人民挙げての運動として発展させなければならないと言って、国のスポーツを発展させるための課題と方途を明らかにしました。

主席の温情の中、発展を遂げてきた朝鮮のスポーツは偉大な金正日総書記の正しい導きの下、更なる発展を遂げました。総書記は「スポーツを大衆化し、スポーツ技術を早く発展させるために」、「大衆スポーツを強化すべきである」など多くの不朽の著作を発表し、国のスポーツを発展する現実の要請に即して、新たな高い段階へと引き上げるビジョンを示しました。

総書記は射撃選手の胸に必勝の信念を植えつけ、サッカーの戦術まで一緒に練りました。また、コーチと席を共にし、全ての種目のスポーツ技術を朝鮮人の体質に合わせてさらに発展させるよう細かく導きました。総書記の精力的な導きにより、金日成競技場、アイススケートセンター、チョンチュン街の各競技館、テコンドー殿堂のような現代的なスポーツ施設が立派に整えられ、国中に大衆スポーツの熱風が巻きおこりました。

チュチェ88(1999)年8月、スペインのセビリアで行われた第7回世界陸上選手権大会女史マラソンで優勝した''チョン・ソンオク''選手を始め多くの選手たちが国際競技で優勝したのは総書記の精力的な導きによるものです。金日成主席と金正日総書記が導いて来た朝鮮のスポーツの輝かしい歴史はまた一人の不世出の偉人である敬愛する金正恩元帥によりそのまま引き継がれています。

チュチェ103(2014)年、第17回アジア競技大会で共和国の女子サッカー選手たちが金メダルに輝き、重量挙げの''キム・ウングク''、''オム・ユンチョル''、''リ・ジョンファ''、''キム・ウンジュ''選手たちを始め世界チャンピオンが輩出しました。また、機械体操の''キム・ウンヒャン''選手をはじめ多くの選手たちが金メダルを獲得して共和国の旗をなびかせました。

朝鮮はこれからも金正恩元帥のスポーツ強国建設の構想にのっとり、国際競技で国の尊厳と威容を余すところなく轟かすことでしょう。

RIGHT:'''2015年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS