#author("2021-09-21T20:39:27+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-09-21T20:33:37+09:00","default:pop hok","pop hok")
*「カンファ島条約」から見る日本の朝鮮侵略の足跡 [#lb38a045]
1870年代初頭からいわゆる「交渉」の方法で朝鮮侵略の門を開こうとした日本の侵略者は朝鮮封建政府の激しい反発にぶつかって、その企図が破綻されるや、武力による威嚇、恐喝の方法へと出ました。

武力で朝鮮を征服すべきだという「征韓論」を実践に移す機会だけを狙っていた日本の侵略者は1875年、朝鮮を侵略し、従属させる口実をもうけようとの狡猾な目的のもとに計画的で犯罪的な「''雲揚''」''号事件''を起こしました。

侵略者は1875年5月、発砲訓練の名目で侵略船「雲揚」号をプサン港に不法侵入させ、その年の9月には「航路測量」の口実のもとに「雲揚」号を朝鮮沿海にまたもや侵入させました。

9月20日、「雲揚」号に載ってカンファ島((江華島(カンファド、강화도)))、江華島の沖合いに侵入した日本の侵略者は朝鮮の主要関門で軍事要衝であるチョジジンの砲台を占領しようと襲い掛かりました。

これに憤激したチョジジン((草芝鎮(초지진)))の守備兵は猛烈な砲撃を浴びせて、侵略者を撃退しました。チョジジンで撃退された侵略者は卑劣にも防御力の弱いチョンサン島((項山島(항상도)))とヨンジョン島((永宗島(영종도)))を野蛮に砲撃し、島に上陸して殺戮、略奪、破壊、放火をほしいままにしました。

これが歴史に記録された「雲揚」号事件です。

日本ではこの事件を''江華島事件''と呼びますが、この事件が起きると日本の侵略者は時とばかりに、「朝鮮側が日本に対して敵対行為をした」と言いがかりをつけ、公然と武力干渉に出ました。侵略者は大砲と軍艦で朝鮮封建政府を恐喝し、1876年2月27日、「''朝日修好条規''」というものを強引に締結しました。

カンファ島で締結されたことから、「''カンファ島条約''」、日本では江華条約と呼ばれるこの「条約」は、あくまで日本の一方的な権利と朝鮮の従属的な義務だけを規定した極めて侵略的で不平等な条約でした。

''中央階級的教育館''の''キム・ギョンア''さんのお話です。
>「『条約』に記された『治外法権』だけをみましても、日本の侵略者はこれを通して朝鮮の司法権を蹂躙し、朝鮮封建政府の国家権力の行使を制限することで、朝鮮を政治的に従属させる重要な条件を作りました。それだけでなく、日本の侵略者は『カンフォ島条約』で朝鮮の港を日本の商人の自由な貿易活動のために開放すべきだということを規定付けるなど、朝鮮に対する経済的侵略に有利な条件を作りました。『カンファ島条約』によって朝鮮は日本の商品市場、原料調達の場に従属され、日本の半植民地に転落しました」

歴史的事実が示していますが、日本は古くから朝鮮に対する侵略と略奪を行ってきた朝鮮人民の不倶戴天の敵です。今の朝鮮は国力が弱かったので侵略者に不平等条約を強いられ、締結されることを余儀なくされた国ではありません。

新たな戦略国家として急激に浮上した朝鮮の軍隊と人民は領土強奪の野望を実現しようと躍起になっている日本の反動勢力を絶対許さず、過去、島国の強盗の群れが朝鮮で働いたあらゆる罪の代償を百倍、千倍にして支払わせるでしょう。

(時事評論)

#ref(IKE180108032_001.jpg,wrap,160x120)

RIGHT:'''2018年の記事'''
#br
LEFT:[[江華島事件(雲揚号事件)]]、[[日朝修好条規]]&br;
[[「カンファ島条約」]]、[[カンファ島条約]]、[[侵略の足場を築こうとの武力挑発行為]]、[[「朝日修好条規」はなぜ必要だったのか]]、[[朝鮮侵略のプロローグである「雲揚」号事件]]、[[朝鮮侵略を狙った雲揚号事件]]、[[朝鮮侵略の口実を設けるための計画的な武力挑発]]
[[「カンファ島条約」]]、[[カンファ島条約]]、[[侵略の足場を築こうとの武力挑発行為]]、[[「朝日修好条規」はなぜ必要だったのか]]、[[朝鮮侵略のプロローグである「雲揚」号事件]]、[[朝鮮侵略の口実を設けるための計画的な武力挑発]]、[[朝鮮侵略を狙った雲揚号事件]]、[[朝鮮占領の幕開けとなった「雲揚」号事件]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(時事評論 2018.02.26)
//-[[カンファ島条約から見る日本の朝鮮侵略の足跡]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS