#author("2017-03-11T10:59:11+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-01-12T19:33:44+09:00","default:pop hok","pop hok")
*衛星科学者住宅地区 [#xc52b2b3]
ここは共和国の首都ピョンヤンのウンジョン区域にある''ウィソン科学者住宅地区''((衛星科学者住宅地区))、先ほど完工して人々の関心を集めています。一度に千戸余りも新居入りし、その余韻が残って毎日が祝日のようです。どこもかしこも喜びと楽観に溢れて歌を歌い、踊りを踊っています。

まず、私たちが訪ねたのは9番目のアパートの第3玄関の3階の第2号室。熱工学研究者である''チョン・ジンチャン''さんの家です。住宅の面積はなんと、150平方メートルだそうです。では、チョンさんに紹介していただきましょう。
>「はい、うちは息子と嫁、孫、そして私と妻の5人家族です。それなのにこんなに大きな家があてがわれました。お金一銭払わずにただでですよ」

チョンさん夫婦の部屋、息子夫婦の部屋、子供部屋、それぞれの部屋には生活に便利な家具備品がちゃんと揃っています。チョンさんの奥さんは国からカラーテレビと寝具類までいただいて、自分たちは何一つ持たずに新しい住宅に入居したと、感激を話しています。お嫁さんのヒョン・ウンジュさんに日差しの差し込む台所にご案内してもらいました。
>「台所用品も家庭主婦の気持ちをちゃんと推し量ってのものでした。新居入りする時はこのように食器セットまで持たせましたからね」

幸せいっぱいのチョンさん一家のお話には切りがないようでした。今度は2階の第1号室です。先ほど寄ってみたチョンさんの家と同じくどの部屋も立派です。とりわけ、目を引くのは科学雑誌でぎっしり詰まっている書斎です。ご主人の''ハン・チョルフン''さんと奥さんの''キム・ヘリム''さんです。では一言、お願いします。
>「これからすべきことがもっと多い私たちです。それでお互い約束しました。受け持っている研究課題を誰が先に終えるか、競って見よう、とです」&br;
「それは私が勝つに決まっています。ごらんなさい。家のすぐ近くにお店があり、学校と病院など生活施設のすべてが完備した住宅地区ですからね。何一つ羨むものがありません」

科学者夫婦の幸せそうな生活の一端を垣間見る思いでした。

あ、見てください。玄関の前には野菜畑もありますね。その通りです。科学者たちは研究、研究ということでいつも頭を悩ましているのでちょうどここで一休み、ということで作られたものだそうです。住宅地区の病院と総合診療所、薬局、ヘルスセンターのウィソン院なども見ました。どれもこれも非の打ち所がなく、科学者の生活にとても便利になっています。科学者の文化生活と休息のためのスポーツ公園などもすばらしいですね。

はい、またまた、寄ってみましょう。5番目のアパートの第1玄関の7階の第2号室。新婚夫婦の家だそうです。新しい生活への希望を抱いてスタートした自分たちにもこんなにすばらしい住宅があてがわれるとは夢にも考えられなかった、とご主人の''キム・ソンチョル''さんは言っています。
>「家のドアの開け閉め用の錠はその家の主人がつけることになっている、これが普通ですね。ところが、この家はその錠も国がつけてやりました。それだけ、私たち科学者は恵まれた人、だということです。どこの国にそんなことがあるでしょうか」

ウィソン科学者住宅地区で目にする科学者たちの幸せいっぱいの姿、その姿を通してこれから先のより多くの科学技術の成果は間違いない、ということが感じられる今この頃です。

RIGHT:'''2014年の記事'''
LEFT:[[社会主義の前哨]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS