#author("2022-10-25T19:41:16+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-10-25T19:45:09+09:00","default:pop hok","pop hok")
*その恩愛は島の軍人にも [#l7afb3ee]
辺鄙なところと言えば、まず浮かぶのが島でしょう。しかし遠く離れたこの島にも人民軍部隊への視察を続ける敬愛する最高指導者金正恩委員長の足跡が印されています。

チュチェ101(2012)年3月初めのある日のことです。金正恩委員長は朝鮮西海のチョ島((椒島(초도)))に向かって出発しました。海の流氷はまだ厚く、緊急時に限ってのみ船が運航していたときでした。風が吹きすさび、高波がひっきりなしに船べりを打ちました。

時化る海をかき分けて金正恩委員長の乗った船がチョ島に着きました。島の軍人たちは感激に咽びました。金正恩委員長は、チョ島の防御隊が歩んできた誇らしい道のりを感慨深く振り返り、軍人みなに国の守り手としての使命感を植えつけました。そして、陸地から遠く離れている島にいる軍人たちだと言って、その生活に格別関心を持ちました。

島の軍人のことで心を砕く委員長でしたので、その年の8月は、チャンジェ島((長在島(장재도)))とム島((茂島(무도)))を訪れました。チャジェ島に行っては、容易ならぬ島の防御隊に勤めている軍人たちに会いたくて来たと言い、軍人たちが陸地を懐かしむことがないよう、立派な生活条件を作ってやるようにと頼みました。ム島を訪れたときも、島で暮らしている軍人に他の部隊よりも特別関心を払うべきだ、軍人たちが島を我が家のように思うよう、面倒をよく見てやるようにと言いました。その後も、何回となくチャンジェ島とム島を訪れ、軍人たちの生活を親心で顧みた委員長でした。

孤島にいながらも、人知れず国の要所をしっかり守っている軍人たちなので、金正恩委員長の心の中には島の軍人たちが頼もしい存在として大切にしまわれていたのです。

(今日の朝鮮)

#ref(ike201114023_002.jpg,wrap,175x120)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
LEFT:[[チャンジェ島のハンミョンさん]]、[[ペクトゥの総帥の宣言]]、[[その配慮は初の誕生日を迎える子供にも]]、[[一心団結]]、[[荒波をかき分けた木造船]]、[[島の子供]]、[[島の部隊の新しい姿]]、[[島を守る部隊も訪ねる]]
LEFT:[[チャンジェ島のハンミョンさん]]、[[ペクトゥの総帥の宣言]]、[[その配慮は初の誕生日を迎える子供にも]]、[[一心団結]]、[[荒波をかき分けた木造船]]、[[島の子供]]、[[島の部隊の新しい姿]]、[[島を守る部隊も訪ねる]]、[[私たちの最高司令官]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2020.12.29)
//201230_その恩愛は島の軍人にも

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS