#author("2017-03-09T18:27:01+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2017-03-09T18:27:17+09:00","default:pop hok","pop hok")
*あぜ道に刻まれた足跡 [#z1e3056d]
偉大な金日成主席は人民のためなら風雪もいとわず、ぬかるんだ道もためらうことなく歩んだ優しい人民の父でした。主席の不滅の足跡が刻まれる所はいずこにも人民の幸福が花と咲き、明るい未来が開かれました。

意義深い太陽節が近づくにつれ、朝鮮人民は主席が国の繁栄と人民の幸福のために捧げた献身の精神と労苦を感慨深く振り返っています。ピョンヤンの郊外に位置したスンアン区域((順安区域(순안구역)))の''テクアム協同農場''にも主席のその足跡が刻まれています。

チュチェ43(1954)年5月、金日成主席がこの農場を始めて訪れました。3年間の祖国解放戦争で農場がとても厳しい状況にあった時でした。この日、主席は農作と共に農場の人たちの暮らし向きについて具体的に聞きました。そして農場が進むべき道を示しました。

翌年の7月、またもや農場を訪れた主席は一日も早く戦争の被害をなくし、農場員の生活に潤いをもたせるためには農作に励み、家畜も沢山飼うばかりか、果物の木も多く植えなければならないとし、家畜の種子を確保することについても話しました。

金日成主席はチュチェ48(1959)年には3回も農場を訪れました。主席は農場の人たちの住宅にも寄り、何人家族でそのうち働く人は何人いるのか、分配はどれほどもらったのかなどを詳しく聞きました。そして農場の作柄を前の年と比べてみて、農場でヘクタール当たりの収量を高める方途は何が何でも地力を高めることだといいました。

もともと、テクアム里((宅庵里(택암리)))は風化した花崗岩の層が多く、農業が振るわないところでした。主席は真面目な農民に痩せ地はないと言い、地力を高める方途を一つ一つ教えました。チュチェ60(1971)年3月、またもや農場を訪れた主席は農場員に立派な住宅も建ててあげ、地帯的特性に合わせて農業を科学的に行うためにどうすべきかも話しました。

金日成主席はこのように10回も農場を訪れました。農場では主席の教えどおり土地を肥やすために目標と当面の課題を決め、根気良く進めました。その一方で発展する時代に即して先進的な営農方法も積極的に取り入れました。やせ地だと見捨てられていた土地に次第に豊かな実がなり始めました。小高い山には果物の木が森を成し、家ごと家畜が群がり、暮らしは日増しに豊かになりました。

スンアン区域テクアム協同農場の管理委員長''チョン・ミョンチョル''さんのお話です。
>「冷たい風吹くま冬にも、営農準備にいそしむ春も農場に来て農作のことやチュチェ農法について話し、農場の進む道を示した主席の献身の精神と労苦があって農場は都会に劣らぬ住みよいところになりました」

金日成主席の正しい導きによって理想村になったテクアム里。今日にも増してテクアム里の明日はもっと素晴らしいことでしょう。

RIGHT:'''2015年の記事'''
#br
----
#include(朝鮮の声放送/vok_navi01,notitle)
#include(vok_navi01,notitle)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS