#author("2022-06-24T19:40:23+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-06-25T19:44:45+09:00","default:pop hok","pop hok")
*「海東盛国」渤海 [#c3ce4056]
''パルヘ''、渤海は、7世紀末から10世紀初めまで存続した朝鮮の封建国家です。紀元前277年から紀元668年まで東方の千年強国として名を馳せた''コグリョ''、高句麗の遺民によってコグリョの故地に建てられました。建国者は''テ・ジョヨン''と言いますが、テ・ジョヨンは、コグリョの将軍だった父の影響下で、コグリョを建て直す志を抱き、コグリョの遺民を率いて外来侵略者に反対する粘り強い戦いを繰り広げました。

698年、テ・ジョヨンはチョンムン峰という所で侵略者に決定的な打撃を加え、パルヘの建国を宣言しました。その時からパルヘは、およそ230年間、存続しながら国の繁栄を成して周辺諸国から「''海東盛国''」と呼ばれました。「海東盛国」とは、東方の勢い盛んな国という意味です。広い領土のパルヘは、多様な地理的条件と気候を効果的に利用して農業と手工業、鉱山業、水産業など経済を各面から発展させました。そして、コグリョの文化を継承してさらに発展させました。

寺跡から出土した''石灯篭''は、パルヘの建築術をよく見せるものです。石灯篭は、硬い石を彫って作った八角屋根の東屋の形を真似て造ったもので、まるで、やわらかい木を削って作ったように、とても精細なものです。金属工芸も発達しました。 これまで知られた金属工芸の遺物の中には、金の耳飾と青銅製の仏像、青銅の輪をつなぎ合わせて作ったベルトなどがあります。

文学でも発展を遂げましたが、759年に日本に遣わされた''ヤン大使''という人が創ったという詩「夜の砧の音」は、パルヘの詩歌のなかで最も優れた作品の一つとして今に伝えられています。

''社会科学院文学研究所''の研究者''ハン・インヨン''さんがお話します。
>「当時、ヤン大使は日本から帰国する使節団のための酒宴で、詩『夜の砧の音』を詠みました。詩は、母国と古里の人々への思いを深い情緒の中、歌いあげています。ヤン大使は、詩で愛国心はいかなる抽象的な概念でなく、人間の生活として具体的に表れる思想と感情だということをリアリスティックな詩語で歌いました」

軍事力においても、パルヘは強力で、相次ぐ外敵の侵入を撃退し、広大な領土と民族の安全を守りました。このように、コグリョを継承したパルヘは「海東盛国」を誇り、朝鮮の歴史の一ページをりっぱに飾りました。

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE160803022_12.jpg,wrap,217x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE160803022_22.jpg,wrap,90x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE160803022_32.jpg,wrap,90x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE160803022_42.jpg,wrap,67x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE160803022_52.jpg,wrap,190x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2016年の記事'''
#br
LEFT:[[コグリョ(高句麗)]]、[[「海東盛国」と呼ばれたパルヘ]]、[[海東盛国パルヘ]]、[[コグリョを継承した国パルヘ]]、[[パルヘの建国者テ・ジョヨン]]、[[パルヘのサンギョン石灯籠]]
LEFT:[[コグリョ(高句麗)]]、[[「海東盛国」と呼ばれたパルヘ]]、[[海東盛国パルヘ]]、[[コグリョを継承した国パルヘ]]、[[パルヘの建国者テ・ジョヨン]]、[[パルヘのサンギョン石灯籠]]、[[日本の文化に大きな影響を及ぼしたパルヘ]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS