#author("2021-09-16T20:35:24+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-09-16T20:36:12+09:00","default:pop hok","pop hok")
*「大脳の星」とキム・ジョンスンさん [#hfa5e3ff]
「ほんとに素晴らしい本である」、「題名を見ただけで速読の世界に踊りこみたくなる」、「著者に心から感謝したい」・・・
#br

#ref(ike210817024_001.jpg,wrap,around,left,170x120)
博士、助教授のキム・ジョンスンさんが著した本
#clear
#br

これは「''大脳の星''」という全5巻の速読教育の本に対する賛辞の一部です。基礎と暗算、記憶と読書1、2の各編からなっているこの本はより革新的な速読訓練技術と資料、難度のある訓練要領を出しています。訓練と同時に記録も可能で、速読を目指す人には大変便利な本です。

著者は朝鮮の速読教育のパイオニア、速読の母と呼ばれる教育学博士、助教授の''キム・ジョンスン''さんです。夜空の星にとても憧れていた幼い時、キムさんの夢は学界の星になることでした。しかし、国の科学教育の最高学府である金日成総合大学を卒業したキムさんには英才学校のピョンヤン第1中学校の教壇が待っていました。この地に光を放つ科学の星を育てるため国が取った措置によるもので、「私」と言う垣根を越えて、より大きな夢を星に託すことをキムさんに求めていました。

朝鮮民族の知性と共和国の偉大さを世界にはせる大脳の星を多く育てよう。

2006年、キムさんは速読教育の開拓に踏み出しました。授業の傍ら、頭脳開発の草分けの道を一人で歩むと言うのは決して容易いことではありませんでした。キムさんは情熱で胸を燃やしました。他人に話せない心の悩みも多々ありましたが、それこそ身を粉にして速読教育の大門を一つ一つ開いていきました。
#br

#ref(ike210817024_002.jpg,wrap,around,left,170x120)
速読教育の全国的な講習を組織し、講師として活躍
#clear
#br

#ref(ike210817024_003.jpg,wrap,around,left,204x120)
全国的な速読コンクールを組織し、審査に当たる
#clear
#br

その結果、朝鮮の速読教育システムは高度の科学化、デジタル化を実現し、芸術性パーフェクトな段階に至りました。キムさんの努力は報われ、世界の知力競争の場で朝鮮の星は光り輝きました。
#br

#ref(ike210817024_004.jpg,wrap,around,left,207x120)
第28回世界記憶力選手権大会を朝鮮ブームに変えた教え子たちと対面
#clear
#br

2019年の第28回世界記憶力選手権大会で朝鮮の大学生は金メダル11個を含め、28個のメダルを獲得し、3個のゴールデンカップを手に入れました。''リュ・ソンイ''さんは3種目で、''キム・スリム''さんは1種目で世界記録を塗り替えることにより、ギネスブック入りを果たしました。また大会に参加した6人の選手みなが「国際記憶大家賞」を受賞しました。

世界記憶力選手権理事会の総会長は、実に想像を絶するものだ、朝鮮は世界記憶力選手権大会の最高の境地を開いた、少なくとも10年間は他の国が朝鮮選手の記録を破ることはないだろう、と言いました。

人材の功労に勝る人材育成の功労、と言う言葉があります。でもキムさんはいかなる功名心にもはやりません。教え子たちが国の各分野で成果を達成している姿を見るだけで幸せ、と思っています。

今も静かに、噂にのぼることなく、未知の世界を切り開いているキムさん。

キムさんはいっそう輝く星の世界に向けて進んでいます。

(フィーチャー)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210817024_006.jpg,wrap,80x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2021.09.15の記事'''
LEFT:''キム・ジョンスン'':[[「大脳の星」とキム・ジョンスンさん]]、[[英才教育のモデル学校]]&br;
LEFT:''キム・ジョンスン'':[[英才教育のモデル学校]]&br;
''リュ・ソンイ'':[[この新記録は驚嘆に値する]]、[[記憶の大家リュ・ソンイ]]&br;
----
-2018.12.26 [[第27回世界記憶力選手権大会に参加した朝鮮の学生が帰国>vok181226#v65bdf58]]
-2019.12.12 [[朝鮮の大学生たちが第28回世界記憶力選手権大会で好成績を収めました>vok191212#e99c6ba3]]
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(フィーチャー 2021.09.15)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS