#author("2021-11-17T19:08:01+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-05-31T19:59:15+09:00","default:pop hok","pop hok")
*「乙巳5条約」を捏造した日帝 [#o1954eab]
>「・・・あ、憤懣やるかたない。わが2千万の国民が奴隷になって生きるべきか、さもなければ死ぬべきか。建国以来4千年の国民精神が一夜にして突然滅びてしまうのか。悲痛に耐えられない。悲痛に絶えられない」

これは113年前の朝鮮民族の怒りを表したものです。朝鮮民族が絶叫したのはなぜでしょう。1905年11月17日、日帝は武力を動員して「''乙巳5条約''」を強圧的に捏造して、朝鮮の外交権を奪いました。日本で言ういわゆる第2次日韓協約のことです。この条約が捏造された当時、朝鮮の皇宮が位置していたソウルの雰囲気は殺伐としたものでした。

日本王の特使としてソウルに来た''伊藤博文''は作成済みの犯罪計画に従って、ソウルの街という街に重武装した侵略軍を配備し、皇宮を2重、3重に包囲しました。そして、侵略軍を率いて宮城にまで入り、''朝鮮の皇帝コジョン''に「条約」の締結を迫りました。

''中央階級的教育館''の''キム・ソンヒ''さんはこう話しています。
>「コジョン皇帝が断固一蹴するや日帝は皇宮で『条約』問題を取り扱う御前会議が開かれたのを機に、不順な目的を達成しようとしました。しかし、御前会議でも『条約』の締結を拒否することにするや、急いで、皇宮に押しかけて朝鮮封建政府の大臣たちを集合させ、『条約』に無条件、賛成することを銃剣で脅迫しました。そして自分たちが作り上げた『条約文』を大臣たちが『決定』するように強制し、当時の外部大臣の判子を持ってきて勝手に『条約文』に捺印させました。その後、一方的に『条約』の締結を宣言しました」

#ref(IKE181014002_003.jpg,wrap,220x120)

上の写真は日帝の「乙巳5条約」の捏造の場面を再現したもので、当時の環境をそのまま表しています。「乙巳5条約」は不法極まりない偽りの条約です。それを立証するものの1つとして、当時、条約当事国の事前承認とサイン、国璽の捺印がないことをあげることができます。

#ref(IKE181014002_004.jpg,wrap,around,right,196x120)
国連憲章とウィーン条約によりますと、国際法の基本的原則に反する条約は無効、となっています。写真でのように1992年、南朝鮮で発見された「乙巳5条約」の原本には朝鮮皇帝のサインと国璽の捺印がありません。

ニューヨークのコロンビア大学図書館でもコジョンが「乙巳5条約」が無効であることを暴いて、各国の元首に送った親書が発見されました。これは「乙巳5条約」が日帝の捏造品であることを雄弁に物語っています。

「乙巳5条約」が捏造された時から朝鮮人民は半世紀近くも日帝の植民地ファッショ支配下で計り知れない不幸と苦痛を強いられました。にもかかわらず、日本の反動勢力は今なお、「乙巳5条約」の「適法性」を云々し、朝鮮に対する不法な植民地支配の法的責任から逃れようとしています。

しかし「乙巳5条約」の不法さ、無効さは絶対否定することも、抹殺することも出来ません。

朝鮮人民は20世紀、日帝が働いた断じて許せない罪の代償を必ず支払わせるでしょう。
#clear

(時事評論)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE181014002_001.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE181014002_002.jpg,wrap,170x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2018年の記事'''
LEFT:[[「乙巳5条約」は不法極まりない偽りの条約]]、[[脅迫ででっち上げた不法文書]]、[[不法で犯罪的な「乙巳5条約」]]、[[不法極まりない「乙巳5条約」]]、[[歴史に例のない「条約」の捏造]]
LEFT:[[「乙巳5条約」は不法極まりない偽りの条約]]、[[脅迫ででっち上げた不法文書]]、[[不法で犯罪的な「乙巳5条約」]]、[[不法極まりない「乙巳5条約」]]、[[歴史にかつてない植民地暴圧支配]]、[[歴史に例のない「条約」の捏造]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(時事評論 2018.11.16)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS