短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
220111夕方の放送、7580kHzで受信


独特な高麗治療法―手法治療

高麗医学は、長い歴史的過程に創造され、発展してきた朝鮮民族の伝統医学である。高麗医学治療法には、手法治療もある。手法治療は、身体の一定の部位に機能的な手の操作をして病気を予防、治療し、身体を丈夫にする。手法治療法には、擦り、揉み、押し、叩きなどがある。これらの方法は、筋肉の緊張をほぐし、血液循環、神経伝達を改善させ、関節の損傷を防ぐような治療作用を現すので病気が治るようにする。手法治療はこんにち、現代医学の発展趨勢(すうせい)に即して科学的に定立され、疲れの回復や局限された疾病に限る補助の治療手段ではなく、複数の疾病の基本治療手段の一つになっている。高麗医学総合病院(平壌)をはじめとする病院、診療所では、自律神経失調症、偏頭痛、頸椎症、椎間板ヘルニア、座骨神経痛などの疾病を多様な手法治療で全快させている。特に、自律神経失調症と頸椎症に対する手法治療は不思議だと言えるほど効果がある。以前には、撮影しなくては診断が困難とされていた椎間板ヘルニアも高麗医師は手で診断し、それ相応の正確な治療対策を立てている。臨床実践で意義がある手法治療は昨年、国家無形文化財に登録された。
【平壌1月12日発 朝鮮中央通信】


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」のWebサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


「朝鮮の声放送」Webサイト上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS