#author("2022-09-19T19:39:43+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-10-06T20:13:11+09:00","default:pop hok","pop hok")
*短波放送「朝鮮の声」より [#xc9113c5]
//CENTER:&ref(vok_top.png,nolink);
//&ref(youtube_oops.png,nolink);&br;
#u2b(e1h8TsQ7t2U)
#u2b(a3V3ia9SF0E)
[[pop hok>https://www.youtube.com/channel/UCdhSp7AczmPpHTXBh8mqnzQ]] -- YouTube&br;
220918夕方の放送、11865kHzで受信
221005夕方の放送、11865kHzで受信

-[[2022.09.17>https://youtu.be/A7fZ6egi45Y]] -- 220917夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.09.16>https://youtu.be/4MpWP-WXWXo]] -- 220916夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.09.15>https://youtu.be/o4mKyWMMn5g]] -- 220915夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.09.14>https://youtu.be/3X19YHGh_28]] -- 220914夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.09.13>https://youtu.be/BNVvwMjof4A]] -- 220913夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.09.12>https://youtu.be/fdZpHc8bhgI]] -- 220912夕方の放送、9650kHz、11865kHzで受信
-[[2022.10.04>https://youtu.be/X5xbWXz2oQ0]] -- 221004夕方の放送、9650kHzで受信
-[[2022.10.03>https://youtu.be/TWNmFbm-xSw]] -- 221003夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.10.02>https://youtu.be/Nmv2kPX-NRI]] -- 221002夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.10.01>https://youtu.be/jXqi5YQrgVs]] -- 221001夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.09.30>https://youtu.be/AEyc9ufNtGc]] -- 220930夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.09.29>https://youtu.be/toN1Cbt13To]] -- 220929夕方の放送、11865kHzで受信

※飛翔体発射には触れず・・・。

-「災害防止能力の強化」(※サイト音声アクセス不可 政治―政策 2022.09.25)
-アニメ「少年将軍」第48回(※サイト動画アクセス不可 コンテンツ―映画 2022.09.25)
----
**新たな電子資料収集システムを導入 [#a909e74e]
科学技術殿堂で電子資料収集システムを人民経済の各部門と各地に設けられた未来院に導入している。同システムにより、科学技術殿堂に新たに構築されるデータが当該単位の需要に従ってデータ通信網を通して迅速に電送されている。各科学技術普及拠点との情報共有を目的指向性あるものに行うことができるようにする同システムは、これまでに比べてデータ収集に掛かる手間を大いに省きながらも先進科学技術資料を即時に普及することができる。同システムは、科学者だけでなく現場技術者、労働者たちが現実で提起される科学技術的問題を解決するのに大いに役立っている。&br;
'''(Naenara 2022.09.16)'''
**焼着防止技術を研究、導入 [#ie0a2e51]
大安重機連合企業所で大型鋳鋼品の焼着防止技術を開発した。造型工程の基本耐火塗料として国内産原料を利用した焼着防止技術は、全国の数十の工場、企業に導入されて大型鋳鋼品の質と生産性を高め、国家に多くの経済的利益を与えたことにより今年の国家科学技術成果に登録された。&br;
'''(Naenara 2022.10.05)'''
**民族古典「槿域書画徴」 [#m0dc8326]
1928年、呉世昌によって刊行された「槿域書画徴」は朝鮮の歴代書家、画家を紹介した民族古典である。「槿域書画徴」とは朝鮮の書道と絵画を考証した本という意味である。1冊5巻からなっている「槿域書画徴」はおよそ、三国時代(高句麗、百済、新羅)、高麗時代(918年~1392年)、朝鮮封建王朝時代(1392年~1910年)に区分して合わせ1117名の人物資料を叙述した。同古典には「三国史記」、「東国李相国集」「東国輿地勝覧」など270余種の旧文献から抜き出した資料に基づいて各々創作家の生存年代、創作活動、作品に対する評価と逸話などを叙述し、該当文献の出所を記した。今年、金日成総合大学朝鮮語文学部の民族古典学講座では中世美術史と金石学研究において重要な史料的価値のある民族古典「槿域書画徴」を翻訳、完成した。&br;
'''(Naenara 2022.10.03)'''
----
特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」の
[[Webサイト>http://www.vok.rep.kp/index.php/home/main/ja]]に放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「''無慈悲''」が一般的になっているが、短波放送では「''情け容赦無い''」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。

シン・ヨンイルさんは『文章の末尾を小さな声で読む』という変なクセがあり、まだまだ不明瞭な発音が多い人なので聞き取り難い。BGMが入った場合などは特に聞き取り難い。呉英淑さんは読みはしっかりしているけど、いつも録音レベルが1人だけ低いので聞き取り難い。カン・ソンヒさんが一番聞き取り易い。

//-[[「朝鮮の声放送」サイト掲載ニュース項目>掲載ニュース項目]]
//-[[「朝鮮の声放送」ニュース抜粋>ニュース抜粋]]
//-[[「朝鮮の声放送」放送一覧>放送一覧]]
//----
//「朝鮮の声放送」[[Webサイト>http://www.vok.rep.kp/index.php/home/main/ja]]上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。
//-[[「朝鮮の声放送」新サイト]]
//-[[「朝鮮の声放送」旧サイト]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS