短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
220908夕方の放送、11865kHzで受信

公式サイト改変。接続がすぐに切れてしまう。数分で終わる作業が数十分、数十分が数時間・・・やっとられん。


「人民の文化向上は識字から!」

「人民の文化向上は識字から!」 このスローガンは朝鮮の解放(1945.8.15.)後、新しい祖国の建設によって沸き立っていた時期に提示された。230余万人に達する勤労者が非識字者であった。それは朝鮮人民を政治生活に積極的に参加させ、彼らを新しい祖国の建設に組織、動員するうえで大きな障害となった。金日成主席は識字運動を文化革命の優先的課題と規定して「人民の文化向上は識字から!」というスローガンを示し、すべての人民が識字運動に立ち上がるようにした。国家の統一的な計画と指導の下に全国各地に成人学校が設けられ、教員、知識人たちが大衆の中に入って識字運動を活発に展開した。1946年12月から翌年の3月末まで行われた冬季農村識字期間に中央と道、市、郡、面に識字指導委員会が、里に識字班が組織され、12歳から50歳までの非識字者が成人学校で毎日2時間以上朝鮮の文字を習うようになった。当時全国各地に設けられた成人学校は1万6000校以上もあった。全国の人民が字を教え学びながら識字運動にこぞって参加した。反帝反封建民主主義革命が勝利し社会主義革命段階に入った新たな環境に合わせて新たな成人教育システムが出現し、読み書きを覚えた勤労者を再教育するための速成成人学校も各地に建てられた。この時期に行われた識字展覧会は識字運動において成し遂げた成果と経験を一般化し、この運動をいっそう強力に展開するうえで重要な契機となった。1948年12月から1949年3月末まで第2回冬季識字及び成人再教育突撃期間に残存の非識字者を最終的になくし、すでに読み書きを覚えた成人を再教育することによって、朝鮮における識字運動は3年という短期間に歴史的勝利を達成するようになった。今日、朝鮮においてすべての勤労者は全人民科学技術人材化のスローガンを掲げて多面的な知識と文化的教養、高い創造的能力をもって社会主義建設に積極的に立ち上がっている。9月8日は国際識字の日である。
(Naenara 2022.09.08)

きれいな大気は人類の未来

今、大気の汚染を防止し大気の質を改善することが焦眉の問題となっている。世界保健機関の資料によると、毎年世界的に1300万人以上が環境汚染によって死亡しているが、そのうち700万人が大気汚染による各種の疾病にかかって命を落としているという。化石エネルギーの過度の使用と都市への人口の密集、運輸手段の増加などが大気汚染を招く基本的な原因となっている。それで、国際社会はきれいな大気のための持続的な努力の必要性を認識し、これに第一義的な関心を払っている。毎年記念する「国際 青い空のためのきれいな大気の日」(9月7日)は大気の質を改善するための認識を高め、そのための活動を奨励する日、きれいな大気を達成するための国際的協力を図る重要な契機となっている。朝鮮では環境の保全を人民の健康と生命安全のための重大な事業、人類の未来を保証するための重要な事業とし、これに大きな力を傾注している。昨年、朝鮮民主主義人民共和国大気汚染防止法をはじめとする関連法を全面的に修正、補足するための活動が行われ、その履行が法律的に保証されている。森林をはじめ生態環境の実態全般を調査、掌握し、季節別、年度別変化状態に従って機敏に対応しいくようにしている。環境基準を更新しており、大気汚染源を含んだ汚染源泉に対する監督、統制を強化しており、開発と建設に先立ち環境影響評価を厳格に実施するようにしている。毎年春季・秋季植樹を大衆挙げての運動として繰り広げて国のすべての山に樹木が生い茂るようにし、太陽熱、風力、水力のような自然エネルギーを電力生産に大いに利用して大気汚染を減らすようにしている。研究所では、各大気環境監視地点の空間的代表領域評価と先進的な監視網設計方法を開発して咸興地区をはじめ主要工業都市の環境汚染を防止するための科学研究を行っている。われわれは国の全般的及び地域的な生態環境の実態を掌握し、生態環境安定性の評価を科学的に行ってきれいな大気を達成するための科学研究をより深化させていくであろう。
金日成総合大学地球環境科学部生態環境研究所所長 パク・ソンチョル
(Naenara 2022.09.07)


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」の Webサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS