#author("2022-01-24T19:13:02+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-01-26T20:34:49+09:00","default:pop hok","pop hok")
*短波放送「朝鮮の声」より [#xc9113c5]
//CENTER:&ref(vok_top.png,nolink);
//&ref(youtube_oops.png,nolink);&br;
#u2b(Yp5l0p-qv3Q)
#u2b(Ej1RAMTDCho)
[[pop hok>https://www.youtube.com/channel/UCdhSp7AczmPpHTXBh8mqnzQ]] -- YouTube&br;
220123夕方の放送、9650kHzで受信
220125夕方の放送、9650kHzで受信

-[[2022.01.24>https://youtu.be/nWZjN3Xi2HU]] -- 220124夕方の放送、9650kHzで受信
-[[2022.01.23>https://youtu.be/Yp5l0p-qv3Q]] -- 220123夕方の放送、9650kHzで受信
-[[2022.01.22>https://youtu.be/W5-lNAK3R5E]] -- 220122夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信
-[[2022.01.21>https://youtu.be/LmpsLsgR4CQ]] -- 220121夕方の放送、9650kHzで受信
-[[2022.01.20>https://youtu.be/batsCnEMPWs]] -- 220120夕方の放送、9650kHzで受信
-[[2022.01.19>https://youtu.be/iPKshqxcNj8]] -- 220119夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信
-[[2022.01.18>https://youtu.be/EUgrvSARcR4]] -- 220118夕方の放送、9650kHzで受信
-[[2022.01.17>https://youtu.be/UDhRg08Tvho]] -- 220117夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信

コロナの影響なのか、今年はまだ大将は現地指導に出ていない。
----
**食品工業の発展に切実な科学技術上の問題を解決 [#f2ce7f65]
国家科学院微生物学研究所の科学者たちが、食品工業部門で切迫した糖問題の解決に寄与する研究成果を出した。澱粉から糖を生成する活性の高い2種の酵素剤に対する工業的な生産技術を科学的に確立した。これによって、糖生産用の酵素剤をわれわれの原料、技術で生産できる有利な展望が開かれた。科学者たちが生産した酵素剤は、各地の複数の食品工場に導入されて水飴とブドウ糖、アルコールなどの生産に利用されている。現在、微生物学研究所の科学者たちは、糖生産用の酵素剤の活性をいっそう高め、生産規模をより拡大し、さまざまな新しい工業用酵素の生産技術を開発するための研究を積極的に推し進めている。&br;
'''【平壌1月22日発 朝鮮中央通信】'''
**麹を醸して作ったみそで有名なパク・スングムさんの家庭 [#g2cdff38]
牡丹峰区域長峴洞第58居住人民班在住のパク・スングムさんの家庭でさまざまな栄養成分が多く含まれている大豆でみそを作って''わが国固有の食生活風習''を連綿と継いでいる。&br;
'''【平壌1月21日発 朝鮮中央通信】'''
**朝鮮民族の悠久な歴史と燦爛たる文化日記体形式の民族古典「日省録」 [#n79c77b2]
わが国の民族古典の中には、「日省録」もある。朝鮮封建王朝時代である1785年―1910年の間に編さんしたこの古典は、全2375巻になっている。同古典は、朝鮮封建王朝の22代王である正祖の時代から編さんされ始めた。1777年に国王になった正祖は、自身が王世孫であった1760年から政事に参加した内容と私生活について書いた日記を奎章閣の官吏らに与えて政事活動を中心内容とする本を書くようにした。そして、それを直接修正、加筆して完成した後、この本を「日省録」と名付けた。「日省録」はその後、純祖、憲宗、哲宗、高宗を経て最後の王である純宗の時代まで引き続き編さんされた。この本には、国王が毎日行った政事に関する記録と国王の命令、指示文、中央と地方の官庁と官吏が国王に差し上げた状啓文などが収録されたが、その内容は政治、経済、軍事、外交など全ての分野を包括している。現在、写本の状態で伝わっている「日省録」は、当該の王の在位期間に執筆、編さんされたので、その正確性と信頼性が保証された貴重な史料になっている。「日省録」は、朝鮮封建王朝実録、「備辺司謄録」「承政院日記」と共に、わが国の4大日記体形式の民族古典に数えられている。&br;
'''【平壌1月21日発 朝鮮中央通信】'''
**わが国でのもう一つの美しい行い [#n435dbe3]
互いに思いやり、いたわる徳と情が空気のように、息のように流れている社会主義わが家の真の姿を伝えるもう一つの美談が生じた。去る1月7日、平壌市船橋区域産業2洞の道路を行き来していた人々は、あわただしい声に足を止めた。あるアパートの三階の窓辺に子どもがぶらさがっていたのである。思いがけない光景に周辺の人々みんながやきもきしている時に、子どもはついに落ちてしまった。危機一髪の瞬間、幼い生命のためにためらわず身を投じる若い女性がいた。彼女によって、その子どもは救われた。人々は、すぐ駆け付けて子どもを囲み、無事であるのを見てほっとした。子どもを救ったその若い女性は誰かと捜してみたが、どこにもいなかった。その後、リ・ジョンミョンちゃんの家族は10余日目にありがたい恩人を捜し出すことができた。彼女は、船橋区域在住のリ・ヘギョンさんであった。&br;
'''【平壌1月25日 発朝鮮中央通信】'''
**経済・地理関係古典「択里志」 [#l20e72db]
「択里志」は、18世紀前半期に編纂された朝鮮最初の経済・地理誌である。「震維勝覧」、「山水録」、「八域志」、「叢話」などとも呼ばれる。4巻1冊からなっている。第1巻「四民総論」では、儒者、農民、匠人(手工業者)、商人など、四民の発生、発展とその性格に対する問題を地理的条件と結びつけて書いている。第2巻「8道総論」では、朝鮮の地理を総体的に叙述し、続いて各地方について書いている。第2巻の総論篇では、アジア大陸で朝鮮が占めている地理的位置と隣国との関係、また朝鮮の地形、8道の位置、沿革、住民構成、経済と文化、都市と村について歴史的に概括している。第3巻「卜居総論」では、地理、山水などの項目で住民区域の選定と関連する問題を示している。第4巻「総論」では、同誌を編纂した目的について叙述している。「択里志」は一連の制約性をもっているが、資料羅列にとどまっていた従前の地誌とは違って内容と形式において地理学的理論と体系を立て、地誌の編纂で新たな発展を成し遂げたことにより、朝鮮の近代地理学の発展で先駆者的役割を果たした貴重な民族文化遺産の一つである。&br;
'''(Naenara 2022.01.25)'''
**稲と小麦の栽培のための作戦深まる [#n0621d24]
各地の農業部門の活動家が、今年に稲と小麦の栽培を強く推し進めるための作戦を深めている。各道農業指導機関の活動家は、穀物生産計画を遂行するための根本方途の一つである栽培面積の確保を計画的に行っている。田の面積を増やし、穀物作物を主とする二毛作を大々的に行い、陸稲(おかぼ)を広く栽培するのに注目を払っている。昨年の秋季に種をまいた畑で小麦株の状態を分析し、栽培面積を再確定するとともに、春季種まき計画を遂行するための方途を見いだして実践している。平安北道では、干拓地地区内工事に力を入れて田の面積を増やし、灌漑システムを改善して稲作に有利な条件を整えるのに注目を払っている。平安南道でも、水不足地、天水田に陸稲を植え、川流域の水域土地を整理して田の面積を増やせるように対策を立てている。江原道内の各農村では、少なくない面積の畑を田に整理し、灌漑用水保障対策を立てられる方途を見いだして取りかかった。黄海北道の各農村では、栽培面積の確保に関連する計画を立て、春季種まきの面積を増やしている。複数の道の農業部門の活動家は、農村で計画を正しく作成し、農業に対する指導を田畑に接近させるための対策を立てており、道・市・郡に築いた生産拠点でさまざまな栄養液をつくって農村に供給するようにしている。&br;
'''【平壌1月24日発 朝鮮中央通信】'''
----
特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」の[[Webサイト>http://www.vok.rep.kp/]]に放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「''無慈悲''」が一般的になっているが、短波放送では「''情け容赦無い''」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。

-[[「朝鮮の声放送」サイト掲載ニュース項目>掲載ニュース項目]]
-[[「朝鮮の声放送」ニュース抜粋>ニュース抜粋]]
-[[「朝鮮の声放送」放送一覧>放送一覧]]
----
「朝鮮の声放送」[[Webサイト>http://www.vok.rep.kp/]]上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。
-[[「朝鮮の声放送」新サイト]]
-[[「朝鮮の声放送」旧サイト]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS