短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
220703夕方の放送、11865kHzで受信

公式サイト改変、他言語では問題無く閲覧出来るが日本語だけ大きなロゴが表示されて画面クリックの邪魔になり記事を見る事が出来ない。

vok220702_01.jpg
vok220702_02.jpg

譲歩は活動家の美徳

チュチェ78(1989)年10月のある日の夕方のことである。金正日国防委員長は急に活動家たちを呼んだ。一部の活動家のわきまえに問題があったからである。同日、金日成主席は国防委員長の細心の指導によって新築された時代の記念碑的建造物を見て回り、すこぶる満足した。主席は竣工テープを切った後、建設者たちの偉勲を高く評価し彼らと記念写真を撮った。ところが、記念写真を撮る時、長い間現場で建設者と共に昼となく夜となく働きながら建設工事を指揮したからといって活動家たちが前列に立っていたのである。それを知った国防委員長はたいへん残念がり今日、記念撮影をするとき活動家たちが身をよく処しなかった、今日のように主席がおられる前列には建設工事で誰よりも苦労を多くした労働者や技術者、科学者を立たせ、活動家たちはその後列に立つのが礼儀であると言った。そして、人間の美徳中の一つが譲歩であるが活動家であるなら当然礼儀を守るべきである、膳立てをした人たちが自分が一番大きい餅を食べてしまったことになったが、そんな失礼がどこにあるのか、と厳しく叱責した。国防委員長は申し訳ない思いでしょげている活動家を見回し、人間は一生のあいだ学び修養しなければならないだけに自分に対する要求の度合を強めなければならない、と言った。そして、花の座布団は他人に勧め、針の座布団には自分が座る人が真の人間である、私はすべての活動家がそういう活動家になることを望むと述べた。
(Naenara 2022.07.03)


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」の Webサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


「朝鮮の声放送」Webサイト上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS