短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
220120夕方の放送、9650kHzで受信


アチムコンピューター合弁会社

アチム(朝)コンピューター合弁会社は、昨年10月に仮想展覧会方式に行われた全国情報化成果展覧会―2021で再び10大最優秀情報技術企業の一つに選定された。同社は、2016年から5回にわたって最優秀情報技術企業証書を受け、情報技術製品の開発で進んだ単位となっている。キム・ソンチョル社長の話によれば、同社では中央情報化研究所、中央情報化品質研究所をはじめ情報技術部門科学研究機関との中長期的な開発計画の下に緊密な共同研究を行っている。広範な交流と協力によって先端技術製品を開発するという原則は、同社が数年間よい成果を収めることができた要因の一つである。同社では最近、水冷式コンピューター、光学式電子黒板、工業用情報インタフェース、新聞閲覧用電子顕示パネルなどを開発、生産した。2021年10大最優秀情報技術製品に評価された新聞閲覧用電子顕示パネルは、国家コンピューターネットを通して主要新聞や国際ニュース、スポーツニュース、科学技術資料などを閲覧できるように製作されているが、タッチの感知機能が非常に優れていて使用者の好評を博している。
(Naenara 2022.01.20)

病院へ走る「王車」

朝鮮では子供たちに供給する各種の乳製品を運搬する車を「王車」と親しげに呼んでいる。それは子供たちを国の王様として高く推したて見守っているということから生まれた話である。「王車」は毎日のように生産地から全国のすべての託児所、幼稚園へ列をなして走っている。これらの乳製品の供給は入院治療を受けている子供たちの場合にも例外ではない。玉流児童病院のカン・ヒョンア看護長の話によると、入院中にある子供たちにも毎日国家から子供栄養基準に伴う牛乳酸乳と牛乳など各種の乳製品が供給されているという。このような供給システムはこれまでにもあったが、昨年国家の負担で全国の子供たちに乳製品など栄養食品を供給するという政策が打ち出された以後、いっそう活気を帯びて行われているという。
(Naenara 2022.01.18)


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」のWebサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


「朝鮮の声放送」Webサイト上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS