短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
220105夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信


誉れ高い責務を全うするという熱意で沸き立つ農業省

敬愛する金正恩総書記が朝鮮労働党中央委員会第8期第4回総会で行った歴史的な報告「朝鮮式社会主義農村発展の偉大な新時代を開いていこう」に接した農業省の活動家たちが受け持った責務を全うするという熱意で沸き立っている。彼らは、国の農業生産を持続的に成長させることを農村問題の解決において現時期、差し迫って提起される重要な課題として提示した報告の内容を深く刻み付け、党が示した目標を無条件に遂行するという決心と覚悟を持って奮発している。活動家たちは、平野地帯であれ、中間地帯、山間地帯であれ、どこでもヘクタール当たりの収量を系統的に増やし、新たな5カ年計画遂行の二番目の年である今年に穀物生産ではっきりした進展を遂げるための作戦案を作成している。省内の各部署では、自分の部門の実態を解剖学的に分析し、成果と経験、欠点と教訓を正しく探すことを深化させている。科学的農業時代の要求に即して国内の気候風土に適する優良の品種を積極的に育種、導入し、災害性異常気象に対処できる科学的な農業システムと方法を確立し、稲、小麦の栽培面積を確保するなど、国の穀物生産構造を変えるための活動を力強く推し進めている。低収穫地での農業を重視してヘクタール当たりの収量を最大に高め、大豆栽培とジャガイモ栽培を着実に行い、農業生産の物質的・技術的土台を打ち固めるための具体的な活動を手配している。現存の畜産拠点を近代的に改修し、優良の果物品種を広く繁殖させ、先進的な栽培技術を確立するなど、党が示した農業発展の全ての課題を貫徹するための対策を講じている。
【平壌1月5日発 朝鮮中央通信】

各地で農村に多くの堆肥を集中輸送

各地で農業部門を力強く支援している。4日の一日だけでも、多くの堆肥が農村に集中輸送された。平壌市では2万余トンの堆肥を用意して市内の農村に送ったし、平安北道では数万トンの堆肥を協同農場の田野に運び出した。年明けから堆肥の源泉をもれなく探して集中輸送を展開した黄海北道と江原道で堆肥生産の実績が昨年に比べて成長した。両江道の複数の単位の活動家と勤労者も、多くの堆肥をジャガイモ畑に集中輸送した。これに励まされた農業勤労者たちは、当面の営農準備に総力を集中している。
【平壌1月5日発 朝鮮中央通信】


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」のWebサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


「朝鮮の声放送」Webサイト上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS