#author("2022-06-11T20:08:40+09:00","default:pop hok","pop hok")
*短波放送「朝鮮の声」より [#xc9113c5]
//CENTER:&ref(vok_top.png,nolink);
//&ref(youtube_oops.png,nolink);&br;
#u2b(pBOp9pEvNLk)
[[pop hok>https://www.youtube.com/channel/UCdhSp7AczmPpHTXBh8mqnzQ]] -- YouTube&br;
220610夕方の放送、11865kHzで受信

-[[2022.06.09>https://youtu.be/033kHBARe40]] -- 220609夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.06.08>https://youtu.be/pPS5i1qKdmI]] -- 220608夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.06.07>https://youtu.be/hmZCPTNEMeU]] -- 220607夕方の放送、9650kHzで受信
-[[2022.06.06>https://youtu.be/dGFA0QuKYjU]] -- 220606夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.06.05>https://youtu.be/gC-GjXuMlwQ]] -- 220605夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.06.04>https://youtu.be/oY7m5T-8WLc]] -- 220604夕方の放送、11865kHzで受信

※ミサイルに言及無し
----
**民俗知能遊戯―囲碁 [#tc2ee56e]
囲碁は、昔から朝鮮人民の間に広く奨励されてきた伝統的な民俗遊戯である。元来はコニ(十六六指に似た駒遊び)のように単純なものであった囲碁は、古代人の宇宙観と結び付けられて工夫されたという。古代人は空は丸くて、地は四角いと考えていた。それで平面の盤上は地を、四角形をなしている碁盤は春、夏、秋、冬の四季を、縦横に描かれた碁盤の361個の交点は一年を意味するようになった。碁盤の中心点を「天原点」というようになったのも、地が宇宙の中心であると考えたからである。また、碁石が円形をなしているのは宇宙を象徴するものであり、黒白の駒は夜と昼を意味するものと言われている。わが国で囲碁は古代には言うまでもなく、中世時代にも広く普及した。昔の史書である「三国史記」(1145年に編纂)によれば、高句麗(B.C.277年~A.D.668年)の僧侶であったトリムは、囲碁を利用して百済(B.C.1世紀末~A.D.660年)の国力を衰退させることによって高句麗の国土統一をめざす大業に大きく寄与したとある。「高麗史」の記録によれば、高麗時代(918年~1392年)に囲碁の上手な人を「国手」と呼び、13世紀の中葉にはその人たちが外国へ行って囲碁の遠征試合も行ったという。朝鮮封建王朝時代(1392年~1910年)に至り、囲碁に対する人々の関心はいっそう高まった。囲碁は特権階層だけが行う遊戯であったし、人民の間には普及していなかった。''日本帝国主義の悪辣な民族文化抹殺策動によって光を失っていた囲碁''は、解放後(1945・8・15)にようやく普及しはじめ、今日は民族スポーツ種目、大衆的な知能遊戯となっている。囲碁はその手が底知れないものとして、人々に知恵をつけさせるうえで指折りの遊戯となっている。かつて、少なからぬ軍事家が囲碁を打ちながら、知略を育み戦略・戦術を習得したのはそのためであった。朝鮮の諺に「神仙の遊びに斧の柄の腐るのも気づかない」という言葉がある。これは、昔神仙の囲碁遊びに惹かれて月日がたつのも忘れ、斧の柄が腐って落ちた頃はじめて我にかえると、その時はすでに長い歳月が流れた後であるという逸話から由来した言葉である。このように、歴史の長い民俗遊戯である囲碁は今日も、朝鮮人民の間に広く奨励されている。わが国では全国的規模で囲碁試合が行われ、一方では地域規模の試合も伝統的に行われている。平壌市と各道都の囲碁院や各地の青少年課外教育拠点に整えられた囲碁サークルなどは、多くの勤労者と青少年が囲碁に関する知識と技術を習得する拠点である。囲碁への社会的関心が日を追って高まる中、現在は囲碁班を運営する幼稚園も少なくない。また、青少年をはじめわが国の囲碁選手は世界アマチュア囲碁選手権大会など各国際競技で好成績をあげている。&br;
'''(Naenara 2022.06.10)'''
----
特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」の[[Webサイト>http://www.vok.rep.kp/]]に放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「''無慈悲''」が一般的になっているが、短波放送では「''情け容赦無い''」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。

-[[「朝鮮の声放送」サイト掲載ニュース項目>掲載ニュース項目]]
-[[「朝鮮の声放送」ニュース抜粋>ニュース抜粋]]
-[[「朝鮮の声放送」放送一覧>放送一覧]]
----
「朝鮮の声放送」[[Webサイト>http://www.vok.rep.kp/]]上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。
-[[「朝鮮の声放送」新サイト]]
-[[「朝鮮の声放送」旧サイト]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS