短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
220608夕方の放送、11865kHzで受信

※ミサイルに言及無し


民族弦楽器―奚琴

朝鮮人民は古代から中世、近代に至る長い間、優秀な民族楽器を多くつくり、それを利用して音楽と舞踊を発展させてきた。その中には独特な音色と外形を整った弦楽器の奚琴もある。奚琴は古朝鮮時代(B.C.30世紀初~B.C.108年)に祖先たちが製作して利用してきた民族擦弦樂器である。昔の記録によると、同時期に製作して利用した初期の奚琴外形は小太鼓のように共鳴筒と二つの弦を結び付けた指板からなっており、その演奏法は竹のかけらを両弦の間に入れ、それを引き寄せて音を出したという。民間で普及されてきた奚琴は高麗時代(918年~1392年)にきて「ケグム」という名で宮中音楽にも利用された。朝鮮封建王朝時代(1392年~1910年)に至り、民間ではもちろん、宮中音楽でも広く利用される擦弦樂器になった。奚琴の構造は簡単であるが音色が独特で形象力が豊かであり、繊細な表現力を持っていて人の声、泣き声、獣の吠え声なども真似ることができた。長い歴史的伝統を有している奚琴は長い間にわたって民間音楽、職業音楽に利用されながら優れた演奏家も輩出し、独奏曲作品も多く創作された。しかし、当時の奚琴は封建時代の後進性と日本帝国主義の苛酷な植民地民族文化抹殺政策によってその発展を甚だしく抑制された。その後、わが党の主体的文芸方針によって時代と人民の美学的・情緒的要求を十分に反映した民族楽器に改良、発展した。今日の奚琴は民族楽器を現代音楽の要求に即して改良、発展させるというわが党の賢明な指導によって新しく改良、製作されたものである。改良された奚琴は4種類(小奚琴、中奚琴、大奚琴、低奚琴)であり、みな「シ―b」調性からなっている。奚琴属楽器は元来の固有な音色を保ちながらも澄んで柔らかい響きを持っている。また、音量が著しく増え音域も広まり、演奏性能と表現能力も改善されて独奏、重奏、合奏など様々な音楽形式に用いられている。今日、奚琴属楽器は民族管弦楽で基本楽器群の一つとなっており、主体的な配合管弦楽においても重要な役割を果す民族楽器となっている。
(Naenara 2022.06.07)


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」のWebサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


「朝鮮の声放送」Webサイト上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS