#author("2019-10-07T14:23:54+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2019-10-07T14:24:28+09:00","default:pop hok","pop hok")
*秋の日の畑で [#a85a1bd4]
朝鮮の農業部門で種子問題の解決に力を入れています。

チュチェ105(2016)年9月、敬愛する最高指導者金正恩委員長は''第1116号農場''を訪れました。金正恩委員長は農場の人たちに、新しく育種したとうもろこしと陸稲の話を聞いて余りに嬉しくて訪ねてきたと言い、大きくて充実したとうもろこしの穀実をはじめ展示されている様々な品種の農作物を見ました。そして新しい品種のとうもろこしが他のとうもろこしに比べて雨風と病害虫に耐える力はどうか、またヘクタール当りの収量はどれぐらいなのか詳しく把握しました。

新しく育種したとうもろこしは以前のより生育期間がはるかに短く、収量が高いので二毛作にちょうどよいばかりでなく、背が低くて雨風によく耐える優れた品種でした。金正恩委員長はこのとうもろこしが本当に気に入る、しかもわが国の気候風土に合うよう背が低く生育期間が短い上に、収量も高いと言うので本当に気に入る、文字通り黄金の穀実だと言いました。

しばらくして畑に向かっていた金正恩委員長は新しい品種のとうもろこしの穀実を持って来るようにと言いました。随員の1人が穀実を持ってきました。金正恩委員長はそれを手にして、見るほど気分がよくなる、今日、私は空の星を取って来たようだ、と言って、それに勝る宝物がこの世にはないように穀実を何度も撫でさすりました。そして何度も歩みを止め、本当にとうもろこしは見れば見るほど心が楽しくなると言いました。周りの人たちも感激のあまり胸が熱くなりました。何回も農場を訪れ、この上ない信頼と配慮を寄せる金正恩委員長への感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

金正恩委員長は第1116号農場は自分が一番関心を持っている農場だとし、農場の任務の重要性を強調しています。そして奇跡のようなことを耳にして訪ねて来るたびに、驚くべき成果を見せる農場、訪ねるごとに情が渡る農場だと高く評価し、農場の人たちに力と勇気を与え、飛躍の道を明るく示しました。

金正恩委員長の献身と労苦によってもたらされたこの農場の経験は、近いうちに国中の農場に一般化されるでしょう。

(今日の朝鮮)

ike190912004_005.jpg,wrap,150x120
#ref(ike190912004_005.jpg,wrap,150x120)

RIGHT:'''2019年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2019.10.06)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS