#author("2021-01-07T20:08:36+09:00","default:pop hok","pop hok")
#attach
#author("2021-01-07T20:09:19+09:00","default:pop hok","pop hok")
*献身の5年 [#x95588f3]
朝鮮労働党第7回大会が行われてから5年が経ちました。

チュチェ105(2016)年5月の第7回党大会は、社会主義強国づくりのビジョンを示し、その実現へと人民を呼び起こした歴史的な大会でした。大会では、国の経済土台を一層固めるための国家経済発展5ヵ年戦略が示されました。敬愛する最高指導者金正恩委員長は、国の経済を活性化し、人民生活の向上で転機を迎えるため、国家経済発展5ヵ年戦略達成へと人民を奮い立たせ、献身の道を歩んできました。


工場から農場へ、建設現場へと、猛暑や酷寒の日も現地指導の途についている金正恩委員長の心の中には、人民のためなら身を粉にして苦労することもいとわず、死をも覚悟すべきだという滅私奉仕の精神がありました。

一番立派な人民が再びベルトを締め付けることなく、最も尊厳あり、文化的な生活を思う存分享受するようにしなければならない、この一念だけでした。それで、悪天候のもと、時化る海と泥道を渡って西北端のシンド郡を現地指導しました。また、険しい山道を超えてオラン川発電所の建設現場に向かい、雪に打たれながら、すっかり変わる山奥のサムジヨン市を何度も訪れました。その道で、軍用飛行場を大規模なハウス野菜農場に変え、ヤンドク郡の温泉地区に人民のためのユニークな文化施設を建てる構想も練りました。

朝鮮人民は今も、40度の最高気温を記録したチュチェ107(2018)年の夏を忘れずにいます。金正恩委員長は6月末から8月初めまで、ピョンアン北道((平安北道(평안북도)))とリャンガン道((両江道(량강도)))、ハムギョン北道((咸鏡北道(함경북도)))とカンウォン道((江原道(강원도)))、ピョンヤン市((平壌市(평양시)))を始め各道と市の20余りのところを現地指導しました。

ついで、サムチョン・ナマズ養殖工場と西海岸地区のクムサンポ塩辛加工工場に、新築されたヨンプン湖放流漁業事業所から又もや東海岸の建設現場とヤンドク郡の温泉地区に足を伸ばしました。

いつも人民の中にいて、成功の方途を示し、力と勇気を与える金正恩委員長の導きによって、人民は意欲満々と取り掛かり、国の経済の発展は加速しました。国家経済発展5ヵ年戦略達成のための増産運動を陣頭で導いて、現地指導の途についていたある日、金正恩委員長は同行した人たちに、人民への滅私奉仕は自分の人生観だと言いました。

人民への滅私奉仕!

幸せな人民の姿を心に描いて、遠く険しい道もためらうことなく歩み続け、何日も夜を明かして疲れていても、人民に喜んでもらえる創造物を見ると、力が湧いてくると言う金正恩委員長の滅私奉仕の献身の中、一年、一年が過ぎました。


チュチェ108(2019)年12月、当時のサムジヨン郡所在地地区、チュンピョン・ハウス野菜農場と育苗場、オラン川発電所のパルヒャン・ダム、ヤンドク温泉文化休養地が次々と竣工して、その一年を立派に締めくくりました。

また、チュチェ109(2020)年には、世界的な保健危機の中でも、ピョンヤン総合病院の建設が捗り、スンチョン燐酸肥料工場が竣工し、被災地ごとに新しい住宅が建てられました。

その日々、人民は、どのように国が強くなり、どのように幸せがもたらされるかをはっきりと知りました。

金正恩委員長の優れた導きに国の繁栄も、人民の幸せもあるので、朝鮮人民はその導きに従って、明るい未来を手繰り寄せるでしょう。

(フィーチャー)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike201213004_001.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike201213004_002.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike201213004_004.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike201213004_005.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike201213004_008.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2021.01.06の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(フィーチャー 2021.01.06)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS