#author("2021-02-16T17:32:39+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-02-22T21:02:57+09:00","default:pop hok","pop hok")
*焼き物の花瓶が伝えるのは [#h9a9a326]
#ref(ike210114016_001.jpg,wrap,around,right,200x140)
チュチェ83(1994)年7月、偉大な金正日総書記は訪朝した''中国の抗日革命家張蔚華さんの遺族''に会いました。張蔚華さんは、偉大な金日成主席が生涯を通して忘れることなく、国際主義戦士と呼んだ人です。

金日成主席は張蔚華は1925年から自分と縁を結び、自分の革命活動を積極的に助けてやった友人で恩人、革命戦友だったとし、中国に張蔚華烈士記念碑まで建てるようにしました。

金正日総書記は主席がいた時と同じく、たびたび訪朝するようにと言って、温情の限りを施しました。また、朝鮮に留学したがる孫の張瑜さんと外孫娘の岳志雲さんの願いを推し測ってピョンヤンの有名大学で勉強するよう措置を取りました。そればかりか、二人に朝鮮語を専門的に教える先生を付かせ、自転車や乗用車、楽器も送るなど、親心でその生活を顧みました。それで、張蔚華さんの遺族は金正日総書記に感謝の念がこもる手紙と共に贈り物を何度も送りました。

この焼き物の花瓶は、チュチェ97(2008)年2月、金正日総書記の誕生日の光明星節に際して張蔚華さんの遺族から贈られたものです。この2点の焼き物の花瓶は中国の伝統的な皇室の焼き物です。高さ25センチメートルの花瓶には、美しい花と鳥が描かれています。

張蔚華さんの遺族は贈り物を手渡しながらこう言いました。
>「偉大な金正日総書記が常に喜びの中にいて、お健やかであるようお祈りします」
#clear

(世界と朝鮮)

#ref(ike210114016_001.jpg,wrap,170x120)

RIGHT:'''2021.02.15の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(世界と朝鮮 2021.02.15)
//210215_焼き物の花瓶が伝えるのは



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS