#author("2019-05-19T10:33:33+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2019-06-17T14:18:18+09:00","default:pop hok","pop hok")
*火薬兵器の発明家チェ・ムソン [#x705f075]
朝鮮で火薬兵器を使い始めたのは、918年から1392年まで存続した''コリョ''、高麗時代にさかのぼります。火薬と火薬兵器を発明したのは''チェ・ムソン''です。

''社会科学院歴史研究所''の研究室主任''チュ・ソンチョル''さんのお話です。
>「チェ・ムソンは14世紀末に火薬兵器を発明して、倭寇の侵入を退けるのに功績を立てた愛国者です。チェ・ムソンは数年間の絶え間ない努力と実験を経て、国内の原料による火薬の製造法を完成し、それに基づいて火薬兵器の発明に成功しました。その後、火薬兵器は艦船に取り付けられ、倭寇を撃滅する戦いで大きな威力を発揮しました」

コリョ封建政府は1377年に火薬兵器の製造を司る官庁を設置し、チェ・ムソンをその製造官に任命しました。当時、石や火矢、鉄片などを飛ばす色々な火砲が作られました。これに基づいて、1378年、火薬兵器で武装した部隊が組織されました。

また、チェ・ムソンの指導の下、火薬兵器を取り付ける艦船の建造も進められました。火薬兵器の威力は、1380年の''チンポ海戦''と1383年のパクトゥヤン海戦などで遺憾なく発揮されました。チンポ海戦の時、チェ・ムソンは副元帥として直接参戦しました。

コリョ人民の愛国的な闘いと共に、火薬兵器の出現で倭寇の侵入はその後、遥かに減りました。チェ・ムソンは火薬の製造法を記録した1冊の本を妻を通じて息子の''チェ・ヘサン''に譲り渡しました。チェ・ヘサンは火薬の製造法をさらに発展させ、多くの火薬兵器を作りました。

火薬と火薬兵器を発明して国防力の強化に貢献したチェ・ムソンの名は今も知れ渡っています。

(観光)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE190408048_001.jpg,wrap,84x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE190408048_002.jpg,wrap,210x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2019年の記事'''
LEFT:[[コリョ(高麗)]]、[[チェ・ムソン(崔茂宣)]]、[[チンポ海戦]]、[[火薬兵器の発明家―チェ・ムソン]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(観光 2019.05.18)
//190616_火薬兵器の発明家チェ・ムソン



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS