#author("2021-05-16T18:49:54+09:00","default:pop hok","pop hok")
#attach
#author("2021-06-11T18:42:39+09:00","default:pop hok","pop hok")
*海面養殖の新しい歴史 [#ab02a0e1]
多くの海洋国で活発に行われている海面養殖は、現代海洋産業の重要部門で、今では経済的効率が極めて高いばかりか、美味しく栄養価のあるサケの養殖が主として行われています。

三面が海に囲まれている朝鮮でサケの海面養殖が始まったのは、東海岸の''ソクマク・サーモン種苗場''と''ラクサン・サケ養殖事業所''からです。ソクマク・サーモン種苗場で孵った稚魚は、ラクサン・サケ養殖事業所に送られます。

チュチェ104(2015)年5月、敬愛する金正恩総書記がソクマク・サーモン種苗場とラクサン・サケ養殖事業所を現地指導しました。種苗場の全景を眺めて、総書記は、スケール大きく建てた、思い立って取り掛かったことが分かる、成果に基づいてより高い目標を立てるべきだと言いました。

ラクサン・サケ養殖事業所でも、総書記は、サケの海面養殖の見通しをつけたと喜び、サケの養殖と加工でより大きな成果を収めるようにと言いました。総書記は、サケの海面養殖を根気よく進めるなら、優に成果を収めることが出来るという自信がついた、始め半分だと言うが、一旦始めたことだから、サケの海面養殖をあくまで進めるべきだ、私ができる限り力添えしてあげると言いました。

チュチェ107(2018)年7月、総書記はラクサン・サケ養殖事業所とソクマク・サーモン種苗場を再度訪れました。ラクサン・サケ養殖事業所では、朝鮮東海での初のサーモン養殖で得た成果を拡大していました。

総書記は、養殖に適した水域を広めて、所々でより多くのサーモンを生産し、サケ加工品の生産の科学化、オートメ化、近代化のレベルアップを図り、衛生安全性と品質を徹底させるようにと言いました。

そして、ソクマク・サーモン種苗場で、この3年間、種苗場をハイレベルで近代化するため多くのことをした、と高く評価しました。また、今はサーモンの生産を正常化できる物質的・技術的土台が十分整えられ、科学化、近代化のレベルも上がって、サケの養殖をもっと活性化できる、と言いました。

このように、遠い北国の養殖場にまで足を伸ばした金正恩総書記の人民のための献身的な指導があって、海面養殖の新しい歴史が開かれました。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210410006_001.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210410006_002.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210410006_003.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210410006_004.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210410006_005.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2021.05.15の記事'''
#br
LEFT:[[敬愛する最高指導者金正恩委員長が朝鮮人民軍第810軍部隊管下のラクサン海水サケ養殖事業所とソクマク・サーモン種苗場を現地指導>vok180717#kf27c1b4]]&br;
[[排水路で飼育するニジマス]]、[[珍しい風景]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2021.05.15)
//210525_海面養殖の新しい歴史
//210610_海面養殖の新しい歴史


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS