#author("2020-10-14T20:07:36+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-02-24T19:35:39+09:00","default:pop hok","pop hok")
*母の声 [#yaf0c0d9]
母のそばにいると子はうれしく幸せです。母の優しい声はいつも子への愛情でいっぱいです。

朝鮮労働党の金正恩委員長は、党活動家が、母の思いやりで人民を労わるよう導いています。

チュチェ102(2013)年1月、ピョンヤンでは朝鮮労働党第4回細胞書記大会が行われました。党細胞は、党の末端基層組織です。広範な大衆は党細胞を通じて党と血縁の情で繋がれます。
チュチェ102(2013)年1月、ピョンヤンでは''朝鮮労働党第4回細胞書記大会''が行われました。党細胞は、党の末端基層組織です。広範な大衆は党細胞を通じて党と血縁の情で繋がれます。

金正恩委員長は大会での演説で、党細胞書記は、子のため全てを捧げる家庭の母のように、人々に真心を尽くすべきだ、歌「母の声」の歌詞に母の声は家庭に響くが、党の声は国中に響くという意味深長なくだりがあるが、母なる党の愛情と信頼の声が国中に響き渡るようにするのがまさに細胞書記だと言いました。

1990年代の初めに出た歌「母の声」は、朝鮮労働党が人民の生活の中にいかに深く根を下ろし、党の声がどのようにして母の声に響くかをリアルに反映している歌です。それで、金正恩委員長の演説を聞く大会参加者は、大衆、人民の目に映る自分の姿の在り方をしみじみと感じました。

大会に参加した''アン・ホチュン''さんと''コ・ボンチュン''さんは、自分たちの誓いが込められた手紙を金正恩委員長に送りました。その手紙を1字1字読んだ金正恩委員長は、歌「母の声」の歌詞を直筆でしたためて送りました。

これには、国中の党活動家が、この歌に自分を照らしてみて、子のため真心を捧げる母のように人々にすべてを尽くすことを願う深い意味が込められていました。

(今日の朝鮮)

#ref(ike200915003_001.jpg,wrap,226x120)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
LEFT:''朝鮮労働党第4回細胞書記大会'':[[99%と1%]]、[[人民に滅私奉仕する党に]]、[[朝鮮労働党の崇高な人民観]]、[[朝鮮労働党の歴史に記される大会]]、[[党の基礎組織を強める]]、[[真心を尽くす]]、[[朝鮮労働党の歴史に永遠に輝く(朝鮮労働党第4回細胞書記大会)>朝鮮労働党の歴史に永遠に輝く#a9c9239c]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2020.10.07)
//201007_母の声


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS