#author("2021-11-11T20:55:23+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-11-16T18:21:31+09:00","default:pop hok","pop hok")
*歌「母親への思い」 [#oab869f4]
「''母親への思い''」、この歌は、わが子を国の立派な息子、娘に育てた国中の母親に捧げる賛歌です。

チュチェ80(1991)年、''金日成賞''受賞者''チョン・ドンウ''&note{ドンウ:전동우};作詞、''人民芸術家ソ・ジョンゴン''&note{ジョンゴン:서정건};作曲で世に出ました。

歌は、あんよを覚えた時から手を取って、やさしい眼差しで見守り、わが子の成長のために苦労の限りを尽くす母親の愛情と献身ぶりを感動深く表しています。

歌は、母親の顔のしわに秘められた苦労の跡を見る子の切ない思い、そして、わが子の将来を案じる母親の思いを切々と歌っています。

国の立派な息子、娘に育てることに喜びと幸せ、生きがいを感じる朝鮮の母親です。

それで、息子、娘誰もが母親を誇らしげに思い、子供の時のように母親を慕っています。

歌には、わが子を立派に育てて、国の繁栄のために尽くそうとの母親の清らかな愛国心と母性愛が感じられます。

歌は、母親の優しい姿と次代の明るい未来を柔らかく情緒的なメロディーに託して、果てしなく響き渡っています。

#ref(IKE171003003_001.jpg,wrap,86x120)

RIGHT:'''2017年の記事'''
#br
----
//*歌「母親への思い」
//(文芸作品―音楽 2021.11.11)
//歌「母親への思い」2
「母親への思い」は子を生み育てて国の前に押し立てたこの国の母親たちを称える歌です。チュチェ80(1991)年、''金日成賞の受賞者''である''チョン・ドンウ''&note{ドンウ:};さんが歌詞を書き、''人民芸術家の称号''を受けた''ソ・ジョンゴン''&note{ジョンゴン:};さんが曲をつけた歌です。

わが子があんよを覚えるときから大きくなるまで手を取って導き、常に子の喜びと幸せのためにすべてを尽くしている母親の変わりのない愛情と献身の精神について''ビビッドな詩的表現''で表していますが、聞いていますと強い感銘を受けるようになります。子供の頃は気を揉ませ、大人になっても苦労させる、優しい顔にしわ増える、息子が歩んだ足跡よ、と歌い上げています。

子が立派に成長することを願う母親の思いはすなわち、国のためを思ってのことだとして、見事に育てたわが子を国に押し立てる、そこに喜びと幸せ、生き甲斐を感じるこの国の母親たちです。それで誰もが嬉しいとき、苦しいとき、頭に霜をいただいても子供のように一番先に呼んで抱きつくのが母親なのです。まさに、国の繁栄のために、子を立派に育てて押し立てることで、本分を果たしているこの国の母親たちの熱い愛国、衷情の思いと真の母性愛がこの歌に込められています。

ソフトでやわらかいメロディーも切々たる叙情の感情を強く滲ませています。

「母親への思い」、この歌は朝鮮の母親たちの美しい姿と次の世代の明るい未来を描き出させ、高らかに響いています。

(文芸作品―音楽)

#ref(ike211019003_001.jpg,wrap,84x120)

RIGHT:'''2021.11.11の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//171116_歌「母親への思い」
//211115_歌「母親への思い」2


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS