#author("2022-02-01T21:52:18+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-05-31T20:02:44+09:00","default:pop hok","pop hok")
*植民地支配体制の確立のための統監政治 [#bbfe15f3]
20世紀初めに朝鮮を占領した日本帝国主義は朝鮮に対する植民地支配を統監政治から始めました。

1905年、『''乙巳5条約''』所謂『第二次日韓協約』を捏造して朝鮮封建王朝の外交権を強奪した日帝は同年12月『統監府及び理事庁管制』を公表し、1906年2月1日はソウルに正式に朝鮮統監府を設け統監政治を敷きました。

統監は日本王が直接任命した朝鮮統監府の長でした。『統監府及び理事庁管制』により統監は日本王に直属され、自分の責務に関して日本王の前にだけ責任を負い誰にも拘束されませんでした。統監はまた朝鮮の外交権・立法権・司法権・行政権・軍事統帥権等、無制限の権限を持つ朝鮮の最高支配者でした。統監府に設けられた膨大な植民地支配機構を通じて、統監は何の制限も受けない絶対的な権限を行使しました。

日本居留民統率の名目で設けられた理事庁もやはり統監政治実現の道具でした。日帝が理事庁を設けた目的は統監府が直接管轄する植民地支配機構の確立でした。理事庁の長である理事官は統監の指令を受け担当地域で多大な権限を行使しました。このような支配機構にも飽き足りず1906年9月には各地方に理事庁支庁まで設けました。

日帝は統監政治の強化の為武力を大挙朝鮮に引き入れ、朝鮮封建政府での皇帝の権限を弱める為手の限りを尽くしました。
朝鮮皇宮への自由な出入りを中止するという『宮禁令((字はこれで良いのか不明))』を勅令として公布するよう強要して、日本の警官が皇宮と皇帝の護衛を受け持つようにしました。そして自分達の許可無しに皇帝に会えないようにしました。

こうして朝鮮皇帝の手足を縛り自分達の統制圏内に入れました。これと共に日帝は朝鮮の立法・司法・行政等各部門に統監府が派遣した日本人を配置し、直接支配するようにしました。

このように日帝の朝鮮統監府の設置と統監政治は朝鮮の自主権と尊厳を乱暴に踏み躙り、全地域に対する植民地支配を実施する為のものでした。
統監政治で朝鮮に植民地支配体制を立てた日帝は1910年、『朝鮮総督府』を設け野蛮な植民地ファッショ支配を一層強めました。

それで840万人余りの朝鮮人を拉致・連行し20万人の朝鮮人女性を性奴隷にし地球上で朝鮮民族を絶滅させようとした特大の反人倫の犯罪が世界史に記されました。

(時事評論)

RIGHT:'''2021.01.31 サイト音声の聞き書き'''
LEFT:[[強盗さながらの統監政治]]、[[日帝の悪辣な「統監」政治]]
LEFT:''統監政治'':[[強盗さながらの統監政治]]、[[日帝の悪辣な「統監」政治]]&br;
''乙巳五条約'':[[「乙巳5条約」は不法極まりない偽りの条約]]、[[「乙巳5条約」を捏造した日帝]]、[[脅迫ででっち上げた不法文書]]、[[不法で犯罪的な「乙巳5条約」]]、[[不法極まりない「乙巳5条約」]]、[[歴史にかつてない植民地暴圧支配]]、[[歴史に例のない「条約」の捏造]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(時事評論 2021.01.31)
//(210131 サイト音声の聞き書き)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS