#author("2020-11-15T18:58:20+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-11-04T19:29:30+09:00","default:pop hok","pop hok")
*未婚の母 [#v21fe9b4]
未婚の母、でも、シングルマザーのことではありません。またどの国の辞書にも載っていない言葉です。未婚の女性が母と呼ばれることなく、母になった女性を未婚の女性と呼ぶこともまたありません。未婚の母、朝鮮では今や初耳の言葉ではありません。

共和国指折りの鋼鉄生産企業である''チョンリマ製鋼連合企業所''((千里馬製鋼連合企業所(천리마제강련합기업소)))があるカンソンという所に「''未婚の母''」と呼ばれる女性がいます。両親を失った7人の子供を育てている20歳の''チャン・ジョンファ''さんです。

2年前のことです。チョンリマ製鋼連合企業所の鋼鉄職場に支援労働に行ったチャンさんは、炉周り工が親代わりに育てている3人姉妹について知りました。その子たちの親は鋼鉄職場で働いていましたが、重病で亡くなりました。

3人姉妹の姿はしょっちゅう、チャンさんの目の前にちらつきました。それでチャンさんは決心しました。子供たちを連れてきて立派に育てるのが炉周り工の負担を省き、鋼鉄の生産に役立つことだと思いました。こうしてチャンさんは3人姉妹の姉になりました。

一ヵ月後、チャンさんは又4人の子供を連れてきました。その中には2歳の男の子もいました。一人の子供を育てるのに''5万工数''がかかると言います。それだけ多くの手間がかかると言うことですが、7人の子供を顧みるというのは生易しいことではありませんでした。

夜明けに起きて夜遅くまで子供たちの世話で苦労しても時間が足りなく、休みの日にも安らかに休むことができませんでした。中でも一番気になったのは子供たちが心を打ち明けず、機嫌をうかがうことでした。

チャンさんはただ子供たちの面倒を見る姉としてだけでなく、優しい母のようにみなを育てようと思いました。それで熱い愛情を惜しむことなく注ぎました。疲れ切っても子供たちの宿題を必ず調べ、勉強をよくし、元気に育つよう心を使いました。

年齢と性格が異なる子供たちが心を合わせてむつまじく育つようにしました。そして子供たちと一緒に村の前にある花壇の手入れもしながら故郷を大事にする心を育ませました。その日々に子供たちの心の中にチャンさんは優しい母の姿として刻み付けられました。

娘の20歳の花盛り、と言いますが、チャンさんも他の娘のようにきれいな服を着て遊びに行き、踊りも踊りたい気持ちは同じでした。しかし受けるより先ず与え、享受するより捧げるのがもっと大きな幸せであることを肌で感じながら育ったチャンさんです。また親しい隣人と同じ職場の人たちの援助があって疲れも覚えませんでした。

敬愛する金正恩元帥はチャンさんのことを高く評価して「未婚の母」と呼びました。娘時代の全ての楽しみを子供のために捧げた「未婚の母」チャン・ジョンファさん!

チャンさんは朝鮮の社会主義制度が花咲かせた美しい花です。その花園に満ち溢れる香りは国中が一つの大家庭を成した社会主義朝鮮の香りなのです。

RIGHT:'''2015年の記事'''
LEFT:[[母親と呼ばれる娘]]
LEFT:''チャン・ジョンファ'':[[真珠と宝石にも比べられないもの]]、[[社会主義の大地に咲いた美しい花]]、[[母親と呼ばれる娘]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//151031_未婚の母


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS