#author("2020-09-20T19:27:02+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-09-21T20:42:38+09:00","default:pop hok","pop hok")
*朝鮮侵略の口実を設けるための計画的な武力挑発 [#l077c2ff]
日本の朝鮮侵略の歴史は人類史に類例を見ない強盗さながらの行為に一貫しています。1875年の''「雲揚」号事件''もその1つです。この「雲揚」号事件は日本で言う''江華島事件''のことです。

朝鮮に対する日本の侵略行為は1870年代中ごろ、露骨な武力挑発の段階に移りました。日本の反動政府は1875年5月から「雲揚」号を始め軍艦3隻を朝鮮領海に侵入させ、スパイ行為と武力デモンストレーションを行いました。

同年9月は中国への航路測定を口実に、「雲揚」号をまたもや朝鮮沿海に侵入させました。この時期、日本は、朝鮮に不平等な「条約」を強要することを当面の目標とし、その口実を設けようと、「雲揚」号の乗組員にできる限り横暴に、暴悪に振舞うことを命じました。

「雲揚」号は朝鮮の沿海深く不法侵入し、水深の測量と武力デモンストレーションをしながら朝鮮南海を経て朝鮮西海のカンファ島((江華島、カンファド(강화도)))、江華島へ向かいました。カンファ島は当時、朝鮮封建国家の都だったソウルの主要関門で、軍事要衝で、封建政府の承認なしには朝鮮の船舶も自由な接近が許されないところでした。
「雲揚」号は朝鮮の沿海深く不法侵入し、水深の測量と武力デモンストレーションをしながら朝鮮南海を経て朝鮮西海のカンファ島((江華島(こうかとう)、カンファド(강화도)))、江華島へ向かいました。カンファ島は当時、朝鮮封建国家の都だったソウルの主要関門で、軍事要衝で、封建政府の承認なしには朝鮮の船舶も自由な接近が許されないところでした。

ところが、侵略船「雲揚」号は飲料水を探すとの口実で1875年9月20日、カンファ島のチョジジンという砲台((草芝鎮砲台(초지진포대)))に襲い掛かりました。チョジジンの守備兵は何の通告なしに近寄る侵略者に威嚇射撃をしました。当然の自衛の措置でした。

日本侵略者はこれをチャンスとばかりに、日本の国旗と軍艦旗を掲げ、チョジジンの砲台めがけて砲撃を開始しました。激怒した朝鮮の守備兵はより猛烈な砲撃を浴びせ、敵の攻撃をはね返しました。

チョジジン戦闘に敗れた侵略者は、守備の弱いチョンサン島((項山島(항상도)))とヨンジョン島((永宗島(영종도)))に侵入して砲台を破壊し、無辜の住民を残忍に殺しました。また、住民の財産を片っ端から破壊、略奪し、放火までして島を廃墟にしました。これが歴史に記された「雲揚」号事件です。

日本侵略者の暴悪さと野蛮さ、強盗の本性がそのまま表れた「雲揚」号事件は、朝鮮侵略の口実を設けるための計画的な武力挑発行為でした。「雲揚」号事件を口実に、日本は朝鮮封建政府を脅迫して1876年2月、侵略的で従属的な「カンファ島条約」、「江華条約」を強圧的に締結しました。

「カンファ島条約」の締結以後、日本の朝鮮侵略は本格的な段階に入り、朝鮮に対する軍事占領と併呑につながれました。

(時事評論)

#ref(ike200813021_001.jpg,wrap,174x120)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
LEFT:[[江華島事件(雲揚号事件)]]、[[日朝修好条規]]、[[「カンファ島条約」]]、[[カンファ島条約]]、[[カンファ島条約から見る日本の朝鮮侵略の足跡]]、[[朝鮮侵略のプロローグである「雲揚」号事件]]、[[朝鮮侵略を狙った雲揚号事件]]
LEFT:[[江華島事件(雲揚号事件)]]、[[日朝修好条規]]&br;
[[「カンファ島条約」]]、[[カンファ島条約]]、[[カンファ島条約から見る日本の朝鮮侵略の足跡]]、[[侵略の足場を築こうとの武力挑発行為]]、[[「朝日修好条規」はなぜ必要だったのか]]、[[朝鮮侵略のプロローグである「雲揚」号事件]]、[[朝鮮侵略を狙った雲揚号事件]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(時事評論 2020.09.19)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS