#author("2017-03-29T13:09:49+09:00","default:pop hok","pop hok")
*新入生の日記から [#lae5b072]
共和国で4月1日は入学式の日です。毎年、この日になりますと、街中に、新しい制服にランドセルを背負った子供たちの喜びいっぱいの姿が見られ、学校はまた新入生を迎え入れる先生と在校生、そして父兄でとても賑やかです。

ピョンヤン市((平壌市(평양시)))チュン区域((中区域(중구역)))のトンソンという幼稚園を卒業した''ハン・イルグク''さんも小学校に入学します。

ハンさんは入学の喜びを日記につけました。
>「チュチェ103(2014)年3月27日、木曜日 今日、新しい制服とランドセルをもらった。体にぴったりした制服である。ランドセルまで背負うと生徒そっくりだ。私は母に自慢した。入学するのはいつ?」

>「チュチェ103(2014)年3月28日、金曜日 今日、入学する予定の学校へ行ってみた。素敵な学校だった。学校の建物が幼稚園よりも高く、運動場も広い。教室も多く、椅子と机も幼稚園のそれより大きかった。音楽室、体育館もあり、とても広いプールもある。気に入る学校だ」

>「チュチェ103(2014)年3月29日、土曜日 今日、学校へ行って教科書をもらった。私は大きい声で読んでみた。幼稚園で字を習ったので読むのは難しくなかった。生徒になれば勉強にもっと励むつもり」

>「チュチェ103(2014)年3月30日、日曜日 後2日すれば、入学式の日だ。その日にお兄さん、お姉さんたちが私たちを祝って拍手もし、花吹雪も振り掛けると言う。どんなに嬉しいだろう。早くその日が来るといいのに・・・」

ハン・イルグクさんのお母さん、リ・ミョンヒさんのお話です。
>「イルグクは勉強する年になりますと、おのずと学校へ行く、と知っています。全般的12年制義務教育のおかげで子供みなが勉強する年になりますと学校へ行って思う存分学んでいるじゃありませんか。ありがたい社会主義のこの国があって入学式の日がイルグクだけでない、すべての子供の喜びいっぱいの日に、そして国中の祝日になるのではないでしょうか」

まだ、幼いイルグクです。イルグクも大きくなれば今日のこの喜びがどこから生まれたものなのかわかるはずです。
//IKE140309006_12.jpg
//IKE140309006_32.jpg

RIGHT:'''2014年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//140401_新入生の日記から



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS