#author("2017-12-02T13:54:13+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2019-10-01T16:52:56+09:00","default:pop hok","pop hok")
*必ず清算すべき反人倫の罪 [#hf46a21b]
日本の反動勢力が過去の犯罪の責任を回避しようと卑劣に振舞っており、これが国際社会の怒りを買っています。

先日、カリフォルニア州のサンフランシスコ市議会が、民間団体が寄贈する旧日本軍性奴隷少女の像を受け入れる事を全会一致で決定しました。次いでサンフランシスコ市長が性奴隷少女の像の設置を承認しました。アメリカで性奴隷少女の像の設置が法的に承認されたのは、これが3番目だといいます。

周知のように日本は20世紀、アジア諸国を侵略し身震いする程の反人倫の犯罪を働きました。分けても日本帝国主義によって働かされた旧日本軍性奴隷の犯罪は、史上類を見ない特大の反人倫の犯罪です。

女性を侵略戦争遂行の主な道具と見做した日帝は、政府と軍部を発動して中世的な性奴隷狩りを組織しました。日帝は朝鮮人女性の狩りの為に内務省、労働省、厚生省と、朝鮮総督府傘下の道庁、郡庁、面事務所、駐在所、派出所等、行政、警察機関だけでなく憲兵隊と軍隊まで動員しました。十代の少女、既婚の女性、果ては妊婦に至るまで手当たり次第に拉致し強制連行しました。20万人の朝鮮人女性をはじめアジア諸国の多くの女性が、戦場に引き摺り回され恥ずべき性奴隷生活を強いられました。

旧日本軍性奴隷の犯罪をはじめ過去の日帝の反人倫の罪に万人が驚愕と怒りに燃え、徹底的な清算を求めているのは至極当然です。

しかし日本の反動勢力は過去の犯罪について謝罪し反省するどころか、執拗に歴史を歪曲し過去の犯罪を美化しています。また国際社会の非難の声を静めようと必死になり、幼稚に振舞っています。旧日本軍性奴隷少女の像が、アジアを越えて欧州と米州に建てられるのを阻もうと必死になっているのを見ればそれがよく分かります。

上司と崇めるアメリカでまで旧日本軍性奴隷少女の像が、一つ二つ増える事に慌てふためいた日本の反動勢力は、それを取り払おうと醜態を演じました。果ては僅かの金で自分の企みを実現しようとまでしましたが、その事で国際社会から赤恥をかきました。この度のサンフランシスコ市議会の決定に対しても、日本の反動勢力は「遺憾」等と言って決議の取り消しの為に必死でした。

日本の反動勢力がいくら小細工を弄しても、朝鮮をはじめアジア諸国の数多くの女性を誘拐、拉致、強制連行して恥ずべき性奴隷の生活を強いた、特大の反人倫の犯罪の責任から絶対に逃れません((逃れられません、逃れる事は出来ません))。

今国際社会は、旧日本軍性奴隷の犯罪をはじめ過去の日帝の反人倫の犯罪の真相を覆い隠し、国レベルの責任を回避しようとする日本の反動勢力に憎悪の視線を送っています。日本当局の過去清算の回避は、日本の国際的孤立を深める結果を招くだけでしょう。

(時事評論)

RIGHT:'''2017.12.01 サイト音声の聞き書き'''
LEFT:[[必ず計算されるべきもの]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//171201_必ず清算すべき反人倫の罪



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS