#author("2019-08-24T12:57:04+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-08-25T18:48:03+09:00","default:pop hok","pop hok")
*必ず決算されるべき罪悪 [#s36fde07]
かつて、日本帝国主義者が朝鮮人民に犯した野蛮な行為を語る芸術作品の中には、「''生きている霊魂''」という朝鮮の劇映画もあります。映画は、日帝の敗戦直後の1945年8月24日、当時の''旧日本軍海軍輸送船「浮島丸」の爆沈事件''を素材としたものです。

日本で人間以下の虐待と蔑視を受け、あらゆる不幸と苦痛、苦役にさいなまれた朝鮮人徴用者、映画を通じて、日帝植民地支配の時の朝鮮人民の悲惨な境遇をそのまま見せています。

1945年8月15日、日帝が敗北し、朝鮮が解放されたという知らせは日本に徴用された朝鮮人を大いに感激させました。故郷に、祖国に帰ることになったと喜び、「浮島丸」に乗った朝鮮人、しかし、懐かしい故郷ではなく「浮島丸」の爆沈と共に海の藻屑となりました。これは、''日本政府の故意の朝鮮人虐殺計画によるもの''でした。

映画は、こうした歴史的事実を通して、日帝の野蛮さを赤裸々に暴いています。当時、日本政府は「浮島丸」が機雷による爆発で沈没したと発表しました。もし、機雷による爆発なら、それに伴う水柱もあったはずなのに、まったくなかったと目撃者は証言しています。また、機雷なら爆発が1度だけですが、「浮島丸」の場合は何度も爆発が起きました。こうした事実は、日本政府が発表した「機雷による爆沈説」が、自分の犯罪行為を隠すための欺瞞に過ぎないということを実証しています。

''ピョンヤン出版印刷総合大学商業美術大学''の初級青年同盟委員会書記''チャン・グァンフン''、学生の''キム・グァンヒョク''さんは話します。
>「朝鮮人を数百万人も拉致、連行して奴隷のようにこき使い、敗戦の憂さ晴らしのため、一気に数千人を海に水葬した野獣そのものの日帝のようなものたちが世界にまたといるでしょうか。『浮島丸』と言う名を聞いただけで、朝鮮人虐殺に躍起になった日帝への激しい怒りを禁じ得ません」

>「その日の惨状は、朝鮮民族みなの心の中に永遠に消しがたい傷として残りました。私たち大学生がなおも怒りを感じるのは、世紀が変わった今も日本の反動勢力が、かつて、朝鮮人民に犯した前代未聞の罪悪を全面的に否定し、反共和国、反総聯キャンペーンに執着していることです。日本の反動勢力が必ず肝に銘じることがあります。それは、過去、日帝が朝鮮人民に犯した全ての罪な行為の代償を百倍、千倍にして支払わせ、つもり積もった民族の恨みを晴らす報復の意志で胸を燃やしている世代が代を継いで育っているということです」

これは朝鮮人民皆の思いです。

過去の日帝の罪悪は必ず決算されるでしょう。

(時事評論)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180711019_001.jpg,wrap,218x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180711019_002.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180711019_003.jpg,wrap,193x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180711019_004.jpg,wrap,190x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180711019_005.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2018年の記事'''
LEFT:[[「浮島丸」爆破の真相]]、[[「浮島丸」爆沈事件の真相>浮島丸爆沈事件の真相]]、[[浮島丸事件>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%AE%E5%B3%B6%E4%B8%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6]] -- Wikipedia
LEFT:[[「浮島丸」爆破の真相]]、[[「浮島丸」爆沈事件の真相>浮島丸爆沈事件の真相]]、[[単なる「美術作品」でない]]、[[浮島丸事件>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%AE%E5%B3%B6%E4%B8%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6]] -- Wikipedia
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(時事評論 2018.08.23)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS