#author("2021-11-29T21:19:08+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-06-01T19:45:48+09:00","default:pop hok","pop hok")
*共和国の幼児保育教育制度 [#oc79f267]
「共和国の''幼児の保育教育制度''についてということですが」

「はい、幼児の保育教育制度といいますと、国と社会で子供たちをどう保育し教育しているかということで、それぞれの国の教育制度がどうかを見るうえでも重要なウエイトを占めます」

「そういうことですね。共和国では国と社会の負担で学校へ行く年の前のすべての子供を、託児所と幼稚園で集団的に育てていますね」

「はい、その歴史をざっと見てみたいと思いますが。1945年に日帝の植民地支配から解放されたあと、つまり経済が厳しかったのですが、その中で国で多額の資金を投じて託児所と幼稚園を設けました」

「そうです、そして1950年代の初め、アメリカ帝国主義の侵略を退ける3年間の祖国解放戦争のときも、これを中断しませんでした」

「はい、国と社会の負担による幼児の保育教育をですね。それから戦争ということで孤児が多かったので、育児院と愛育院という施設を作って戦災孤児を育てました」

「そして戦後ですが」

「はい」

「国の自立的民族経済の土台が強固になり社会主義制度が建ったあと、幼児の保育教育制度は本格的な発展の段階に入ったといえます」

「それから1976年4月29日、朝鮮民主主義人民共和国幼児保育教育法が採択されましたね」

「はい、法で一層強固にしたのです」

「そうです。その法をいいますと『一番良いものを子供に』という原則にのっとり、国家と社会共同団体が幼児の保育と教育に必要なすべてを責任もって保障することを、法的に規定しています。この方の採択により朝鮮では国家が幼児を引き取って育てる社会主義的な保育教育システムが確立されました」

「はい、託児所と幼稚園では集団的保育規範と衛生防疫規範に即して幼児の生活環境を清潔にし、栄養基準に従いいろいろな主食とおやつを充分に食べさせ、日常的な医療サービスも行っています」

「ええそうです、また幼稚園では社会主義道徳の教育を基本にして、多方面にわたって知能を発展させ豊かな情緒と芸術的な才能、丈夫な体力を育てるための教育を系統的に行っています。特に1年間の就学前義務教育期間には字の読み書きや数字の数え方など、学校教育を充分受けられる準備をさせます」

「共和国では今も幼児の保育教育制度の発展に深い関心を向けています。まず、女性の働くところの500メートル内外と農場の作業班に託児所と幼稚園を設ける。これは国の解放後出した政策ですが、これが今なお実行されていることです。そして託児所や幼稚園を公害や騒音が無く日当たりの良いところに立派に作り、町と村のいたるところに子供のための公園と遊び場も作っています」

「ええ、そればかりではありません。玩具や教具、養育設備を充分生産して保育と教育のレベルを絶えず高めています。共和国では生まれたばかりの赤ちゃんをはじめ幼児みなに肉や卵、食用油、野菜果物など24種の栄養食品と、骨や果物野菜の粉など11種の粉食品を正常に供給しています。めいめいの子供に向けられる国家的および社会的配慮は、両親の職業、労働の量や質に関係なく完全に平等に適用されています」

「はい、また三つ子が生まれると山奥であれ離れ島であれ、飛行機を飛ばして産科病院のピョンヤン産院に入院させ、専門医療チームが産婦と赤ちゃんの健康を見守ります。また退院のあと三つ子を育児院に送って一定の期間国家が育てています」

「ええ、産婦にはローヤルゼリーなどの蜂蜜と強壮剤が無料で供給されていますね」

「はい、実に共和国の幼児の保育教育制度は、国家と社会の負担で就学前の子供みなを託児所や幼稚園で集団的に育てる、先進的で人民的な制度です」

「はい」

RIGHT:'''2012年5月29日放送の聞き書き'''
#br
----
「共和国の''幼児の保育教育制度''についてということですが」

「はい、幼児の保育教育制度といいますと、国と社会で子供たちをどう保育し教育しているかということで、それぞれの国の教育制度がどうかを見るうえでも重要なウエイトを占めます」

「そういうことですね。共和国では国と社会の負担で学校に行く年の前のすべての子供を、託児所と幼稚園で集団的に育てていますね」

「はい、つまり社会主義的な幼児保育教育制度が確立されているわけです」

「その歴史をざっと見てみたいと思いますが」

「はい」

「1945年に日帝の植民地支配から解放されたあと、つまり経済が厳しかったのですが、その中で国で多額の資金を投じて都市と工場、企業、そして国営農場に託児所と幼稚園を設けました」

「つまり、当時すでに子供たちを社会的に保育し教育する整然としたシステムが建てられたということですね」

「そうです、そして1950年代の初め、アメリカ帝国主義の侵略を退ける3年間の祖国解放戦争のときも、これを中断しませんでした」

「はい、国と社会の負担による幼児の保育教育をですね。それから戦争ということで孤児が多かったので、育児院と愛育院という施設を作って戦災孤児を育てました」

「そして戦後ですが、国の自立的民族経済の土台が強固になり社会主義制度が建ったあと、幼児の保育教育制度は本格的な発展の段階に入ったといえます」

「はい、託児所と幼稚園が大々的に増え、保母と先生が大勢育成されました」

「はい、そして子供たちに良質の玩具と美味しく栄養価のある食品がより多く供給されました」

「それから1976年4月に最高人民会議第5期第6回会議で朝鮮民主主義人民共和国幼児保育教育法が採択されましたね」

「はい、法で一層強固にしたのです」

「そうです。今、共和国で学校前の子供は数百万人にも上りますから、この多くの子供たちを国と社会の負担で育てるというのは、容易なことではありません」

「はい、それをしているばかりか、親を亡くした子供たちは育児院と愛育院で育てていますし、特に数人の子供を育てる女性と双子や三つ子を育てる女性には特別な配慮が寄せられています」

「はい、また教員や研究員をはじめ仕事が特別忙しい女性たちが、1週間預かる託児所と幼稚園、つまり子供が月曜日に来て土曜日に帰る施設があります」

「はい、共和国のこうした制度のことで外国の人たちが感嘆していますが、先日メキシコのヌエボ・レオン州で就学前教育に関する第8回国際討論会が行われましたが、組織委員会のマリア・グアダルプ委員長が言ったことがあります。グアダルプ氏は『何度も訪朝して幼稚園と託児所を見たが、朝鮮労働党と国で子供たちにどんなに深い配慮を寄せているかを目の当たりにすることが出来た。みなが朝鮮に行って朝鮮式の社会主義と教育制度、幼児の保育教育制度を見てみるべきだ』と述べました」

「ええ、本当に世界が国も多く子供も多くいますが、共和国のように優れた幼児保育教育制度が実施されている国、朝鮮の子供たちのように幸せに育っている子供たちは、おそらくいないことでしょう」

「はい」

RIGHT:'''2012年6月1日放送の聞き書き'''
#br
----
「共和国の''幼児の保育教育制度''についてということですが」

「はい、幼児の保育教育制度といいますと、国と社会で子供たちをどう保育し教育しているかということで、それぞれの国の教育制度がどうかを見るうえでも重要なウエイトを占めます」

「そういうことですね。共和国では国と社会の負担で学校へ行く年の前のすべての子供を、託児所と幼稚園で集団的に育てていますね」

「はい、その歴史をざっと見てみたいと思いますが。チュチェ34((内容は2012年5月29日放送と同じだが、対談の男性の声が別人で、西暦だけでなくチュチェ暦が入る。))(1945)年に日帝の植民地支配から解放されたあと、つまり経済が厳しかったのですが、その中で国で多額の資金を投じて託児所と幼稚園を設けました」

「そうです、そして1950年代の初め、アメリカ帝国主義の侵略を退ける3年間の祖国解放戦争のときも、これを中断しませんでした」

「はい、国と社会の負担による幼児の保育教育をですね。それから戦争ということで孤児が多かったので、育児院と愛育院という施設を作って戦災孤児を育てました」

「そして戦後ですが」

「はい」

「国の自立的民族経済の土台が強固になり社会主義制度が建ったあと、幼児の保育教育制度は本格的な発展の段階に入ったといえます」

「それからチュチェ65(1976)年4月29日、朝鮮民主主義人民共和国幼児保育教育法が採択されましたね」

「はい、法で一層強固にしたのです」

「そうです。その法をいいますと『一番良いものを子供に』という原則にのっとり、国家と社会共同団体が幼児の保育と教育に必要なすべてを責任もって保障することを、法的に規定しています。この法の採択により朝鮮では国家が幼児を引き取って育てる社会主義的な保育教育システムが確立されました」

「はい、託児所と幼稚園では集団的保育規範と衛生防疫規範に即して幼児の生活環境を清潔にし、栄養基準に従いいろいろな主食とおやつを充分に食べさせ、日常的な医療サービスも行っています」

「ええそうです、また幼稚園では社会主義道徳の教育を基本にして、多方面にわたって知能を発展させ豊かな情緒と芸術的な才能、丈夫な体力を育てるための教育を系統的に行っています。特に1年間の就学前義務教育期間には字の読み書きや数字の数え方など、学校教育を充分受けられる準備をさせます」

「共和国では今も幼児の保育教育制度の発展に深い関心を向けています。まず、女性の働くところの500メートル内外と農場の作業班に託児所と幼稚園を設ける。これは国の解放後出した政策ですが、これが今なお実行されていることです。そして託児所や幼稚園を公害や騒音が無く日当たりの良いところに立派に作り、町と村のいたるところに子供のための公園と遊び場も作っています」

「ええ、そればかりではありません。玩具や教具、養育設備を充分生産して保育と教育のレベルを絶えず高めています。共和国では生まれたばかりの赤ちゃんをはじめ幼児みなに肉や卵、食用油、野菜果物など24種の栄養食品と、骨や果物野菜の粉など11種の粉食品を正常に供給しています。めいめいの子供に向けられる国家的および社会的配慮は、両親の職業、労働の量や質に関係なく完全に平等に適用されています」

「はい、また三つ子が生まれると山奥であれ離れ島であれ、飛行機を飛ばして産科病院のピョンヤン産院に入院させ、専門医療チームが産婦と赤ちゃんの健康を見守ります。また退院のあと三つ子を育児院に送って一定の期間国家が育てています」

「ええ、産婦にはローヤルゼリーなどの蜂蜜や強壮剤が無料で供給されていますね」

「はい、実に共和国の幼児の保育教育制度は、国家と社会の負担で就学前の子供みなを託児所や幼稚園で集団的に育てる、先進的で人民的な制度です」

「はい」

RIGHT:'''2013年6月1日放送の聞き書き'''
#br
----
共和国では子供たちが国の王様に呼ばれ、その保育と教育に常々深い関心が向けられています。就学前のすべての子供たちを国の負担で託児所と幼稚園で育てる''人民的な幼児保育教育制度''が立てられています。チュチェ34(1945)年の日帝の敗戦後、新しい国づくりで経済事情がとても苦しかった中にも、莫大な国家資金を投じて託児所と幼稚園を建設し、子供たちの保育と教育に力を入れてきました。

そして1950年代前半、アメリカの侵略を退ける祖国解放戦争の時にも子供たちを国が受け持って育てる制度はそのまま維持されました。至るところに育児院と愛育院が建てられ、戦災孤児を受け持って育てる措置が講じられました。その後、幼児保育教育は本格的な発展の段階に入りました。

子供に対する保育と教育の方法と内容が規範化し、保母と教員が増え、その質的水準も高まりました。子供みなを文化的に、科学的に育てるのは保育と教育の基本の目標です。

託児所と幼稚園では保育と衛生防疫の規範通りに子供たちのクリーンな生活環境を保っています。託児所では年齢別の栄養基準に即して色々な主食と栄養食品を充分に食べさせ、医療サービスも系統的に行なっています。

子供たちの知能を多方面にわたって発展させ、豊かな情緒と芸能、丈夫な体力を培うのは幼稚園教育で基本となっています。特に1年間の就学前義務教育の間に言葉と文字、計算など学校教育を円満に受けることのできる能力を身につけさせます。

託児所と幼稚園では玩具と薬、養育設備など子供の保育と教育に必要な全てのものを整然とした供給システムによって国から保障されています。今、共和国では発展する時代にふさわしく子供の保育と教育の水準を絶えず高めることに力を入れています。

共和国の子供たちは国の恵みの中、何羨むものなく元気一杯育っています。

RIGHT:'''2015年の記事'''
#br
LEFT:[[共和国での幼児保育教育制度]]、[[現実から見る児童権利]]、[[朝鮮民主主義人民共和国幼児保育教育法]]、[[幼児保育・教育の国家的施策(1)]]、[[幼児保育・教育法]]、[[12年制義務教育の第一歩]]、[[誰もが思う存分学ぶ]]、[[「園芸師」]]
LEFT:[[共和国での幼児保育教育制度]]、[[現実から見る児童権利]]、[[朝鮮民主主義人民共和国幼児保育教育法]]、[[次の世代のための法典]]、[[幼児保育・教育の国家的施策(1)]]、[[幼児保育・教育法]]、[[12年制義務教育の第一歩]]、[[「園芸師」]]
----
-2021.09.06 [[就学前教育が発展しています>vok210906#d37676fe]]
----
#include(vok_navi01,notitle)
//120529_共和国の幼児保育教育制度(対談)
//120601_共和国の幼児保育教育制度(対談)
//130601_共和国の幼児保育教育制度(対談)
//150720_共和国の幼児保育教育制度



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS